▶ admin  

チュウの教えに参加される方へ

2014/11/28
ごく短期間の告知にも関わらず、予想をはるかに上回る方にお申込みいただき、本当にありがとうございます。
感激しております。

せっかくのご縁ですし、また仏法を学びたいというお気持ちを無にしたくないと考え、お申込みは基本的にお受けいたしました。
そのため、当日、会場はかなりの混雑が予想されます。快適な環境でないことをお詫び申し上げるとともに、上記の事情をご考慮いただき、譲りあって参加していただければ、と思います。
当日は、筆記用具や貴重品など、最低限のもの以外は、荷物置き場においていただくことになります。

当日の進行予定ですが、まず初日の最初に灌頂がおこなわれます。これはタグン(リンポチェによる事前の修行)と実際の灌頂からなります。
タグンがおわった時点から、灌頂を授けることがはじまります。10時よりも多少ずれこむ場合があります(入室は9時半すぎくらいから可能ですが、リンポチェは修行中ですので、静粛にしてください)。灌頂がおわったところで、お昼やすみになる予定です(二時間程度)。
混雑していますので、お昼は外でお願いいたします。信濃町駅周辺には食事ができるところがいくつかあります。すこし四谷三丁目方面に足をのばすと、いろいろお店があるようです。

土曜日午後と、日曜日午前は、教えの解説です。
日曜日の午後は、実際の修行です。実際には参加でなくても、リンポチェが行をされるのを見るだけでも役に立ちますので、引き続きご参加ください。
日曜の夜は前行の教え(変更の場合あり)とアナウンスしていますが、リンポチェの体調や教えの進み方その他によっては、そこでチュウのさらに詳しい説明を追加する場合も、逆にお疲れでキャンセルする可能性もあるとのことです。ご了承ください。

リンポチェのお話では、今回の教えは灌頂を受けることが必須とのことです。たとえば日曜日だけの部分参加はできません。
灌頂を受けたならば、実際にチュウの修行をすることが求められますが、配布するテキストについては、参加者が実際に修行するものを、という指示がありました。多くの人の事情を考慮して、短いテキストを配布する予定です。

何人かの方から、参加資格や三昧耶戒(密教のお約束)についてお問い合わせがありました。
こちらとしては特に参加資格を設けてはいませんが、仏教の、しかも密教に属する教えですので、単なる好奇心や、教えのコレクションを増やすことだけを目的としての受法はおすすめできません。

録音については、個人的な復習なためならかまいませんが、他人に聞かせることはできません。
具体的な内容を、blogやFacebookその他で公開することもお控え願います。
関連記事
10:03 ラムキェン・ギャルポ R | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示