▶ admin  

9月の仏教勉強会のお知らせ

2014/08/19
暑い日々が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
9月の仏教勉強会のお知らせです。

第一・第三土曜に慈母会館でおこなっている講座「やさしい心を育てる」は、
9月は6日・20日になります。
9月20日は、東京・代々木公園でおこなわれるナマステ・インディア2014で吉村が講演をおこなう(「日本に仏教が伝わった頃—『日本霊異記』の世界」 12時〜13時。於、東方学院セミナーハウス)関係で、
15時から、第二部のみの開催になります。ご了承ください。

会場 慈母会館(公共財団法人全日本仏教尼僧法団。東京都新宿区大京町31)
時間 14時〜17時(20日は15時から、第二部のみの開催になります)
参加費 1000円(第一部のみの参加であれば、無料。その場合は資料代をお願いいたします)
予約不要です。

内容
第一部 心のゆとりをつくる仏教の智慧 14時〜15時頃(20日はおやすみです)
伝統を踏まえた誰にでもできる心のケアの実践法と、その背景にある仏教の考え方について紹介していきます。
9月からは欧米でロングセラーとなっているソギャル・リンポチェ『チベットの生と死の書』を題材として、インドからチベットに伝えられた心の訓練法(ロジョン)を中心に、仏教の死生観とその現代社会における有効性についてお話しします。

【参考】
ソギャル・リンポチェ『チベットの生と死の書』講談社
チベットの生と死の書 (講談社+α文庫)チベットの生と死の書 (講談社+α文庫)
(2010/09/21)
ソギャル・リンポチェ

商品詳細を見る


吉村均「チベットに伝わる心の訓練法(ロジョン)と現代」明治学院大学教養教育センター紀要『カルチュール』5巻1号
→こちらからダウンロードできます(無料)

吉村均「仏教における修行—インド・チベットの伝統から」『道・身心・修行 実存思想論集29』理想社
道・身心・修行 (実存思想論集)道・身心・修行 (実存思想論集)
(2014/06)
実存思想協会

商品詳細を見る



第二部 連続講座・伝統仏教を学ぶ
 15時頃〜17時
「空と浄土」についてお話ししていて、9月からは浄土信仰にはいります。

(これまでの内容を要約すると)私たちは普通、嫌なものを除き、欲しいものを手に入れることによって幸せを得ようとしますが、釈尊の発見したのは、そのやり方ではいつまでたっても決して苦しみが終わることがない、ということでした。嫌なもの・欲しいものは私たちの心にありありとあらわれていますが、それは私たちの捉え方であって、「嫌なもの」というもの・「欲しいもの」というものがあるわけではありません。それが釈尊のさとりです。

ですから、仏教の「空」というのは、私たちが思っているような「嫌なもの」「欲しいもの」があるわけでは「ない」ということであって、それを理解することによって苦しみから解放されます。

ナーガールジュナ(龍樹)の『中論』は難解なことで有名ですが、それは、普通の思想書が、著者が考えて、読者がそれを読んで理解するものであるのに対し、読者が自分の捉え方の間違いに気づく、読者の側が考える本だからです。
そこに仏教の「空」についての説明が書いてあって、読者がそれを読んで理解したり、信じるのではなく、読みながら読者が考えて自分自身の過ちに気づいていき、対象を実体として捉える心の働きが働く以前を見つけること、それが「空」のさとりで、それは読者が自分で発見するしかないものです。

ですから、『中論』の教えというのは、たとえていうなら、「リンゴ」という答えに「赤い」「丸い」「青森」といったヒントを出しているようなもので、その「赤い」「丸い」「青森」という言葉を読んで、その意味を理解しようとしたなら、まったく見当違いになってしまいます。
禅宗で、教えは月を指す指のようなもので、指を見るのではなく、それが指す月を見なければならない、ということをよく言いますが、『中論』や「空」の教えについても、同じことが言えます。
仏教ではこの境地を、よく青空にたとえます。どんなに雲があつく空を覆い尽くしたとしても、一度その向こうに青空があると気づいたら、青空がなくなってしまったのではないかと疑いが生じることはありません。

仏教の浄土信仰については、明治以降、キリスト教の救済信仰と結びつけて理解されてきましたが、浄土=仏の世界とは、そのような私と私の捉えたとおりの世界がある、という思い込みから解放された境地のことです。
親鸞の教えについて弟子の唯円が著した『歎異抄』はよく読まれていますが、親鸞は決して仏教の伝統とは無関係に新しい思想を唱えたわけではありません。主著の『教行信証』の中に収録されている「正信偈」において親鸞は龍樹(ナーガールジュナ)・天親(バスヴァンドゥ)・曇鸞・道綽・善導・源信・源空(法然)という七人の浄土信仰を説いたインド・中国・日本の高僧をたたえています。

講座では、これら浄土七祖の教えや、仏陀のさとりの世界を描いた『華厳経』、インドからチベットに伝えられた浄土信仰を手がかりに、伝統仏教における浄土信仰とその役割について学んでいきます。

【参考】
吉村均「チベットにおける浄土教」「日本における浄土教」『浄土教の事典』東京堂出版、所収
浄土教の事典―法然・親鸞・一遍の世界浄土教の事典―法然・親鸞・一遍の世界
(2011/02)
峰島 旭雄

商品詳細を見る


吉村均『神と仏の倫理思想 日本仏教を読み直す』北樹出版、第二章3、第三章2
神と仏の倫理思想―日本仏教を読み直す神と仏の倫理思想―日本仏教を読み直す
(2009/06)
吉村 均

商品詳細を見る


親鸞『顕浄土真実教行証文類(現代語版)』本願寺出版社
顕浄土真実教行証文類 (現代語版)顕浄土真実教行証文類 (現代語版)
(2000/03/30)
浄土真宗教学研究所浄土真宗聖典編纂委員会

商品詳細を見る


『浄土真宗聖典—註釈版(七祖篇)』本願寺出版社
浄土真宗聖典―註釈版 (七祖篇)浄土真宗聖典―註釈版 (七祖篇)
(1996/03)
浄土真宗教学研究所、浄土真宗聖典編纂委員会 他

商品詳細を見る

関連記事
20:45 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示