▶ admin  

ジグメ・ケンツェ・リンポチェ初来日,東京にて講演

2014/03/15
このたび、ジグメ・ケンツェ・リンポチェが初来日し、東京にて講演会を開催することになりましたのでお知らせいたします。

ジグメ・ケンツェ・リンポチェは、ゾンサル・ケンツェ・リンポチェ同様、ジャムヤン・ケンツェ・チュキ・ロドゥの転生者で、今回の講演会は、ゾンサル・ケンツェ・リンポチェのかねてからの強いご希望により実現いたしました。
ジグメ・ケンツェ・リンポチェのプロフィール、および講演会の詳細は、SIJのホームページをご覧ください。

【講演日時】

2014年3月29日(土)午後2〜5時 (開場午後1時30分)
2014年3月30日(日)午後2〜5時 (開場午後1時30分)

【講演内容】『八句の心の訓練法』ロジョン *

【使用言語】英語(日本語通訳付き)

【参加費】お志でお願いいたします

【主催】シッダールタズ・インテント・ジャパン(SIJ)

【会場】 TKP渋谷カンファレンスセンター 10階 ルーム10A
東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷東宝ビル
→アクセス地図

JR渋谷駅(東口)より 徒歩3分
東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線渋谷駅(15番出口)より 徒歩2分
東急東横線、田園都市線渋谷駅(15番出口)より 徒歩2分
京王井の頭線渋谷駅(中央口)より 徒歩6分

【申込み方法】
当日参加も受け付けておりますが、人数把握のため、事前にこちらのフォームよりお申し込みください

*できるだけPCメールアドレスを登録してください。携帯メールアドレスを使用される場合は、PCメール受信拒否設定になっていないことをご確認のうえ登録してください。お申込確認のメールを受信いただけませんので、ご注意ください。

*********************************

『八句の心の訓練法』ロジョンについて

*********************************

『八句の心の訓練法』は、質素な暮らしでひたすら修行に打ち込むことで知られるカダム派の高僧ゲシェ・ランリ・タンパ(1054-1123)により記されました。

チベット語でロジョンと呼ばれる心の訓練法は、自らの幸せと他者の苦しみを交換する「トンレン」と「無我の瞑想」を柱としており、この『八句の心の訓練法』は、1〜7句が前者に、8句目が後者に対応しています。

ダライ・ラマ法王の重要な師のひとりである故トゥルシク・リンポチェは、心の訓練法の長いテキストが『入菩薩行論』(シャーンティデーヴァ著)、中程度のものが『三十七の菩薩の実践』(トクメー・サンポ著)、短いものが『八句の心の訓練法』だと説いていらっしゃいます。

ロジョンは大乗の思想に基づき、人間の自己中心的な心を菩薩の利他の心へと変容させるための修行です。利他の心を持つことが、実際には自分の幸せを増大させることにつながるという教えを学ぶことは、現代を生きる私たちにとって大きな助けとなることでしょう。

八つの詩頌による心の訓練 (ポタラ・カレッジチベット仏教叢書)八つの詩頌による心の訓練 (ポタラ・カレッジチベット仏教叢書)
(2007/08)
ゲシュー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ

商品詳細を見る
関連記事
21:49 法話、講座 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示