▶ admin  

ランリタンパ著『八句の心の訓練法(ロジョン)』

2014/03/06
【八句の心の訓練法】

第1句
私がすべての生き物を、
如意宝珠にもまさる
最高の目的(=仏陀の境地)を成就するものと考えて、
常に愛することができますように。

第2句
いつ誰といる時も、
自分は誰よりも劣っていると考えて、
他の者を心の底から、
最高の者として愛することができますように。

第3句
あらゆる(自己の)おこないを自心で
観察し、煩悩が生じるやいなや、
(それは)自他を害する(だけな)ので、
強い力で立ち向かい、おさえることができますように。

第4句
本性の悪い生き物たち(や)
罪苦に負けてしまった者を見た時に、
貴重な宝を見つけたように、
得がたいものとして愛することができますように。

第5句
私に他の者が嫉妬して、
罵倒し誹謗するなどの不合理な
損は自分が引き受けて、
勝ちを他に捧げることができますように。

第6句
私が助けてあげて、
大きく期待していた人が、
きわめて不合理に(私を)傷つけたとしても、
正師と見ることができますように。

第7句
要約すると、直接あるいは間接に
利益と幸せをすべての母(なる生き物)に捧げ、
母のあらゆる損害と苦しみを、
ひそかに私が受け取ることができますように。

第8句
これらすべても、八つの世俗の価値観(世間八法(註))の
分別の汚れに染まらずに、
一切法を幻と知る心によって、
執着なく束縛から解放されますように。

これはゲシェー・ランリタンパ・ドルジェセンゲのお言葉である。

註:世間八法=利・衰、毀・誉、称・譏、苦・楽の、二元的価値観

論文「チベットに伝わる心の訓練法(ロジョン)と現代」『カルチュール』5巻1号所収の拙訳を改訂したものです。
→チベット語テキストはこちら

『八句の心の訓練法(ロジョン)』の著者ゲシェ・ランリタンパ(1054-1123)は、カダム派(古カダム派)の高僧で、チベットに招かれたアティシャのお側に仕えたドムトンパの三人の主な弟子の一人、ポトワから教えを受けつぎました。
法名ドルジェセンゲ(金剛獅子)。常に輪廻の中にある衆生の苦しみについて瞑想して憂鬱な顔をしており、例外的に笑ったことが逸話として伝えられているほどです。
心の訓練法(チベット語でロ・ジョン)は、自己の幸せと他の苦しみを交換する瞑想(トンレン)と、無我の瞑想を柱とするもので、『八句の心の訓練法』の1~7句が前者、8句が後者に対応しています。
ダライ・ラマ法王のゾクチェンの師だった故トゥルシク・リンポチェは、心の訓練法の長いテキストが『入菩薩行論』(シャーンティデーヴァ著)で、中程度のものが『三十七の菩薩の実践』(トクメーサンポ著)、短いものが『八句の心の訓練法』だと説かれています。
ランリタンパ自身は「・・・します」と、誓いの言葉としてこの教えを書き記し、後の師によって現在の「・・・できますように」と祈りの形に改められました。
カダム派は質素な暮らしでひたすら修行に打ち込むことで知られていましたが、ツォンカパがカダムの諸派を統合して新たにゲルク派(新カダム派)を打ちたてたこともあって、教団としては残っていません。しかし、その教えはチベット全宗派に受け継がれ、実践されています

八つの詩頌による心の訓練 (ポタラ・カレッジチベット仏教叢書)八つの詩頌による心の訓練 (ポタラ・カレッジチベット仏教叢書)
(2007/08)
ゲシュー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ

商品詳細を見る


商品詳細を見る
関連記事
09:00 心の訓練法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示