▶ admin  

【受法者限定】『ラマ・チューパ』テキスト(訓みと和訳)

2013/10/23
『ラマ・チューパ』は、チベットの伝統で、もっとも効果的に仏陀の境地に至る資糧を積むことができるもの、として知られている行法です。
古代インドのナーガールジュナ(龍樹)は、仏陀の境地に至るために必要な実践は、智慧を積むこと(一切皆空を理解)と福徳を積むこと(一切衆生への利他)であると、明らかにしました。
『ラマ・チューパ』は、ラマ(上師)を本尊とする密教の行法で、(顕教では別々に積む必要がある)智慧と福徳を一度に同時に積むことができるうえ、きわめて加持の力が強いといわれています。
ラマを本尊とする行法が、もっとも加持の力が強いとされるのは、以下の理由によります。釈迦牟尼仏や阿弥陀仏、薬師仏に加持の力が足りないわけではありません。しかし、すべては縁起によってなりたっています。仏陀といえども例外ではありません。仏陀は一切衆生に分け隔てなく慈悲の心を注いでいますが、縁とは無関係に苦しむ者を助けることはできないのです。私たちは、仏教徒ではありますが、釈迦牟尼仏や他の仏陀に直接出会って教えを受けたことはありません。それに対して、自分のラマ(上師)には巡りあい、直接教えや指導を受けるご縁に恵まれています。私たちが強いご縁をいただいているのは、ラマの方なのです。
また、ラマは自分勝手に教えを説いているわけではなく、その教えは師から学んだもので、さらにその師も…、と遡ると、その教えは仏陀に遡ります。私たちは仏陀の教えをラマを通じて学んでいるのであり。仏陀の加持の力もラマを通じて働きます。
それがチベットで、『ラマ・チューパ』こそが、もっとも効果的に仏陀の境地を積むことができるもの、とされているゆえんです。
この『ラマ・チューパ』のテキストは、自身のラマとディクン・カギュー派の開祖ジクテン・スムグン(ナーガールジュナの化身)を一体のものとして観想するものです。

密教の行法であるため、テキストの閲覧・ダウンロードは、実際にこの教えの伝授を受けるか実修したことのある方限定とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

→テキストのダウンロード
関連記事
21:34 経蔵 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
受法者に関する説明について
http://garchenrinpoche.blog.fc2.com

には実習者の資格として

・7月のプルパの灌頂のあとの『ラマ・チューパ』実修に参加された方

・7月の赤羽での『ラマ・チューパ』解説を受けられた方

とお書きになっておられる。私は上には出たのでダウンロードしてみました。

ドルジェ・プルバの後に瞑想の実習があったので、その中に含まれていたのかもしれないですが、なにせ予備知識が少なく、ぼやっとしていたので聞き逃していたのかもしれませんが、
少なくとも集会図はその時には見ていません。


赤羽では四灌頂とこのグルヨーガの実習と解説があったのですが、私は都合で出席できませんでした。

私は四灌頂を別の機会にガルチェンリンポチェを含む複数のラマから授かっていて、別のグルヨーガも習ったことがあるので、Textの内容は特に目新しいものではありませんでした(勿論対面して聞法した場合には字面以上のものがあることは当然です)。

ジクテン・スムグン様の画像を別の機会にガルチェンリンポチェから頂戴しております。

ドルジェ・プルバの後に本当に教えられていたののなら全く問題はないですが、無かった場合に果たして私は実習可能でしょうか? 可能なら有り難い限りです。

   ******

さて、案内を読んだ記憶では赤羽で行われたのは二日間であり、

四灌頂(日は異なるが、ドルジェプルバの後には違いない。) 
解説

となっていた。

一般の場合を考えると、上規のご説明だと四灌頂を授かっていない人も実習可能だという意味に読めてしまいます。

灌頂を受けていることが条件のものに関して受けていない人が実習すると、思い込みの効果しかない単なる信心だけとなり、時間浪費と狂信と迷いへの道に引入れてしまう。

四灌頂が必要条件ならお書き直しになられた方がよいと思います。(必ず受けるということを条件にするのも、却ってよいのかも、それ迄は予習として)

     ***********

灌頂を無視する程罪深くはないとしても、現世的な範囲での最悪の例が神秘思想が背後にあるのを知らないで、表面的な思想に被れると怒りが発生してきて自他を滅ぼすことです。

尊王攘夷の背後には垂加神道があることをはっきり知らないで行動したのが、天皇の迷惑を考えずに勝手な勤王の長州藩。
元凶である吉田松陰がそのよい例でしょう。(吉村先生の関心分野だから留意して下さい。)

脱線しましたが、松蔭クンの『留魂録』を座右の書としている潰瘍性大腸炎の長州者が日本を完全に対米従属させて滅ぼそうとしている今日的問題でもあることです。
修行されて問題はありません
お問い合わせありがとうございます。
プルパのあとは、解説はなく、合同修行のみでしたが、それで伝授は受けられているので、修行されて問題はありません。
ただ、機会があれば、解説を受けられた方がいいのは勿論です。
実習が先で解説があとになったのは、研究所が、リンポチェから送られてきたプログムの順番を入れかえたためです。

管理者のみに表示