▶ admin  

講座・やさしい心を育てる —母親と母親になる人のための仏教の智慧—

2013/08/31
9月から、東京・千駄ヶ谷の慈母会館(全日本仏教尼僧法団)で、
「やさしい心を育てる —母親と母親になる人のための仏教の智慧—」
というテーマで、連続仏教講座をおこないます。
原則として第一・第三土曜(都合でおやすみになる場合も)15時〜17時、参加費1000円の予定です。第一回は、9月7日です。
会場:慈母会館(新宿区大京町31番地26) JR千駄ヶ谷・信濃町、都営大江戸線国立競技場前下車

チラシはpdfファイルでダウンロードできます↓
連続講座 やさいい心お育てる



大きな地図で見る

仏教の考えでは、「慈悲」は仏教徒の義務のようなものではなく、あらゆる人のなかには自然なやさしさの種が備わっており、それを自分自身で見つけ、覆いを取り除けば、自然と美しい華が開く、と考えられています。講座ではそのような伝統的な仏教の考え方と、それにもとづく誰でもできるやさしい実践法を紹介していきます。
母親が自然なやさしさを取り戻さなければ、やさしい子供が育つことは困難でしょう。母親や将来母親として子育てをする人や、それに限らず、看護、教育など、広義のケア、人育てに携わる人に役立つ、実践的な内容を心がけます。内容に関心のある方であれば、宗教、性別に関係なく、ご参加いただけます。

講師 吉村均。東京大学文学部卒、同大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在(公財)中村元東方研究所研究員をつとめるほか、お茶の水女子大学、東京女子大学、東洋大学、明治学院大学、宇都宮大学で講師。専門・日本倫理思想史、仏教学。著書『神と仏の倫理思想 日本仏教を読み直す』北樹出版、共著『日本思想史ハンドブック』新書館(中国語・韓国語訳あり。「日本人にとって仏教とは何だったか」)、『浄土教の事典』東京堂出版(「チベットにおける浄土教」「日本における浄土教」)ほか。釈尊成道2600年を記念してインド・デリーで開かれたGlobal Buddhist Congregation(国際仏教会議)2011で四人の日本人発表者の一人として「現代日本における倫理的危機と仏教的価値観の可能性」を発表(「倫理と価値観」部会)。昨年、横浜市高明寺でおこなった講演「現代仏教塾 日本仏教がチベット仏教に学ぶもの」がYouTubeで公開中(講演はvol.2〜5)。


※ 当講座はお申込み不要です。当日そのままお越しください。
参加費は当日ご持参ください。休講情報については、当ブログでご確認お願いします。
また、託児所等はございませんが、(他のご参加者の聴講に差し障りのない範囲において)お子様とご一緒に参加いただけます。
会場は畳のお部屋で、横に台所・廊下のスペースがございます。座布団のご用意はございませんので座具が必要な方はご持参ください。
関連記事
11:49 講座・やさしい心を育てる | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示