▶ admin  

6月15日(土)般若仏母灌頂と般若心経解説の詳細

2013/06/13
6月15日(土)の般若仏母の灌頂と般若心経の解説の詳細が決まりましたので、お知らせします。
般若心経の解説に先立って、午前中に般若仏母の灌頂がおこなわれます。
般若の智慧によって仏陀が生まれるため、般若の智慧を「仏母」(仏陀の母)とお呼びします。
師僧があらかじめおこなう儀式がありますので、お堂の開扉は10時となる予定です。開扉後はすみやかに堂内に着席していただいて、灌頂を授ける儀式がはじまりますので、灌頂を受けることを希望される方は、10時までにおこしください。
なお、当日は雨天との予報があります。その場合、堂内にあらかじめはいっていただくかどうかは、その場での師僧の判断となります。開扉まで縁側などでお待ちいただく場合がありますことを、あらかじめご了承ください。
(参加される方は、靴袋と傘袋のご用意を願います。またお堂の外でお待ちいただく場合、会場のお堂の参道に居宅がありますので、静粛にお願いいたします)
灌頂を一人一人に授けますので、参加者の人数によって灌頂の終わる時刻が変わります。
人数があまり多くない場合は、引き続き帰依戒(これまで三宝に帰依する誓いを立てたことがない人を対象。誓いをたて、髪をほんの少し切り、法名を授かる)がおこなわれます。
→帰依戒については、ダルマドロップの記事をご参照ください。

そのあとお昼休みにはいります(12時から1時〜1時半くらいまで)。灌頂の参加者が多い場合は、帰依式を午後の最初におこないます。
そのあと、般若心経の解説にはいり、4時近くまで続く予定です。

上記の予定ですので、よろしくお願い申し上げます。
ご連絡が直前になりましたことを、心よりお詫び申し上げます。
関連記事
20:44 法話、講座 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示