▶ admin  

ラムキェン・ギャルポ・リンポチェ来日

2013/05/01
チベット仏教ディクン・カギュー派の高僧、ラムキェン・ギャルポ・リンポチェが来日され、『般若心経』の解説、前行講座などの教えをされます。
ラムキェンちらし2013表ラムキェンちらし2013裏
↑チラシをクリックするとPDFでダウンロードできます。
(DLページ左上メニューより「ファイル」→「ダウンロード」)

教えその1【般若心経―般若仏母灌頂と解説】
日時 2013年6月15日(土) 般若仏母灌頂と般若心経の解説(上)
2 013年6月22日(土) 般若心の解説(下)と質疑応答
 開場:午前9時半 開始:10時 終了予定:12時
会場 大本山護国寺・大師堂(定員50名)東京都文京区大塚5-40-1
 東京メトロ有楽町線「護国寺」下車1番出口すぐ


大きな地図で見る

教えその2【前行講座】
日時:2013年6月1日、29日、7月6日、13日(いずれも土曜日)
開場:午前9時半 開始:10時 終了予定:12時
※ ご注意下さい。
 6月1日の講座開始時間が変更になりました。午前11時頃から昼食を挟んで午後も続く予定です

会場:慈母会館 東京都新宿区大京町31
   JR総武線「千駄ヶ谷駅」、都営大江戸線「国立競技場駅」 徒歩5分

大きな地図で見る
*どなたでもご参加いただけます。参加費無料、講師へのお布施は任意です。
*講師のご判断により、プログラム内容や終了時間が大幅に変更される場合があります。予めご了承ください。
*当日先着順で受付ます。参加者多数の場合はご入場いただけない場合もあります。
*般若心経会場(護国寺・大師堂)は歴史ある畳敷きのお堂です。履物を入れる袋と、必要に応じて小さめの座具を各自ご持参ください。



【般若心経について】

般若心経には「観自在菩薩、行深般若波羅蜜多時・・・」
で始まるものと、その前後に状況説明が入っている少し長いものの二種類があり、チベットで用いられているのは後者です。
それによると、釈尊が霊鷲山で瞑想中、その覚りの境地を観自在菩薩(観音さま)が理解し、舎利子( 釈尊の高弟シャーリプトラ) に説明しているのが、般若心経の内容です。

※参考

【前行講座】
マハームドラーやゾクチェンなど、本格的な実践をおこなう基礎となる心を作ることを目的とした内容です。

→お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ

当日のお問い合わせ:070-5562-8812

【お願い】

当日以外のお問い合わせはメールをご利用ください。
本イベントに関する、会場(護国寺・慈母会館)へのお問い合わせは、場所の説明も含め、絶対になさらないでください。
関連記事
22:07 法話、講座 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示