▶ admin  

ラムキェン・ギャルポ・リンポチェの伝記

2013/04/18
ディクン・ラムキェン・ギャルポ・リンポチェ
クンチョク・テンジン・シャルリン・ミギュル・リンチェン・ドルジェ・ナムギャル、ラムキェン・ギャルポ・リンポチェ

0267-ko32s.jpg チベットの文化では、家族の結びつきはきわめて重要で、ほとんど、あるいは全く教育を受けていないチベット人でも、何世代裳遡って親戚の名前を言うことができます。その人がトゥルクであれば、家系のより注意深い記録がおこなわれます。トゥルクは、一切衆生に仏法の加持をもたらすために、意図的に生まれ変わってくる人間と考えられています。ですから、ギャルポ・リンポチェの家系を何世紀も遡ることができることは、驚くべきことではありません。しかしそのような広範囲の説明はここでの必要性を超えているため、私たちは、ギャルポ・リンポチェの伝記を、一般にラマ・プルガとして知られている前の化身、チョクトゥル・ティンレー・ギャツォ(1883~1938)の生涯から始めることにします。

チベットのカム地方にいらっしゃったラマ・プルガは、彼を知るすべて人々から愛され、尊敬されていました。彼は仏法に対する彼の完全な献身によって有名でした。彼はディクン・カギュー派にとても献身の念を抱かれていたため、その生涯の間に三度の異なる機会に、ガルチェン・リンポチェの前世の生まれ変わりであるガルチェン・ティンレー・ヨンキャプに、すべての世俗的な所有物を捧げられました。ラマ・プルガは医師として人々からひっぱりだこで、また、人の過去・現在・未来の生を見通す能力で知られていました。
ラマ・プルガが亡くなった時、彼の生まれ変わりの探索は、34世ディクン・キャプグン、・ロドゥー猊下に候補者名の提出することから本格的に始まりました。瞑想の後、猊下はラマ・プルガの新しいトゥルクは、名前がチベット文字の「ダ」という文字を名前に含んでいる父親と、「ユン」の文字を名前に含んでいる母親から生まれるだろうと、お答えになりました。侍者が猊下により明確にとお願いしたところ、両親の生年と星座、および新しいトゥルクの生年を書き留められました。
ラマ・プルガの生まれ変わりを見つけることを助けるため、16世カルマパ猊下も、正しい少年を指し示すビジョンを求めて瞑想にはいられました。瞑想の結果、トゥルクは土の卯の年にタシ・ユンデンという名前の母親から生まれるだろうという、予言的なヴィジョンがもたらされました。
タイ・シトゥ・ペマ・ワンチェン閣下も、その時に瞑想されて、ギャルポ・リンポチェの父親である、ドン王国の支配者であるベフ・ティギャルに、彼の長男が仏法を教えることによって衆生を助けることになるだろうというメッセージを、届けられました。彼には長男(ギャルポ・リンポチェ)が自分の後を継いで、ドン王国における世俗的な責任を果たして欲しいという計画があったため、そのニュースは歓迎されませんでした。しかしベフ・ティギャルがどれほど不同意しても、あらゆるしるしはギャルポ・リンポチェを、ラマ・プルガの真の生まれ変わりとして指し示していました。
あらゆる予言の考慮と、ベフ・ディギャルの僧院に彼の息子を差し出す消極的な同意の後に、ギャルポ・リンポチェはチョクトゥル・ティンレー・ギャツォ、故ラマ・プルガの新しい生まれ変わりとして承認されました。リンポチェはカム地方のロ・ルンカル・ゴン僧院で即位され、トゥルク・クンチョク・テンジン・シャルリン・ミギュル・ドルジェ・ナムギャルという法名が与えられました。
若きトゥルクとして、ギャルポ・リンポチェは、チベットに教えが開花した時代のうちに仏法の事業を身に着ける加持を受けられました。そのようにして、リンポチェはあらゆるチベット仏教の系譜の偉大な師たちから、伝授と灌頂を受けることができました。伝授と灌頂の一例を挙げると、カギェー、ゴンドゥ、キラヤの宝の教えと灌頂を受けられました。リンポチェは、ドゥプワン・ドゥポン・ゲジュン・リンポチェ、ロ・ボントゥル・クンチョク・テンジン・ドドゥル、ディテル・ウーセル・ドルジェ、チョクトゥル・トゥプテン・ニンポ、オントゥル・チューイン・ランドゥルといった悟られた師たちからも、あらゆる教えを受けられました。
世代から世代へと、師から弟子に受け継がれる、テキストの直接の解説と口頭の教えは、伝授として知られています。多くの修行者が教えと灌頂を受けることができますが、選ばれた数少ない者だけが師から伝授を受けるに値すると考えられています。
そこにはいくつかの異なる種類の伝授があります。すなわち、カマの伝授―師から弟子に教えが受け継がれていく遠伝。象徴の伝授―持明者間の伝授。口頭伝授―テキストを完全に口頭で唱えることによる、テキストの起源の時からの途絶えることない連鎖。
テルマの伝授と呼ばれる、付加的な伝授もあります。テルマとは、発掘された「宝」の教えで、書かれてか未来の世代の利益のために意図的に隠された教えである。それを用いる適切な時に、それらは隠された場所からテルトン―それらの貴い隠された教え回復するカルマの修行者によって発掘され、回復されます。
師たちとのリトリートの間に、ギャルポ・リンポチェは、広大な教えと直接の経験的な洞察を組み合わせた、これらすべてのタイプの伝授を受けられました。
ギャルポ・リンポチェがこれらの加持を受けられた師と系譜のリストは、多岐にわたっています。有名なディクン・カギューの教えの師であるゲロン・パチュン・リンポチェと、ドゥワン・キュンガ・リンポチェから、リンポチェは甚深なる経験的洞察の継承を伴うマハームドラーの核心的な教えを受けられました。受けた教えの理解は最初のステップにすぎず、ギャルポ・リンポチェはそれぞれの教えを、最初から究竟次第まで、誤またずに実践されました。そのようにしてリンポチェは、仏陀の加持と教えの完全なる貯蔵庫と、衆生を輪廻の支配から解放する真の乗物となることができたのです。
16世カルマパ猊下からは、マハームドラーの甚深な教えと、3世カルマパであるランジュン・ドルジェ猊下のツィクチクマの実践の両方を受けられました。シトゥ・ペマ・ワンチュク・リンポチェからは、教えと解説と経験的な洞察を組み合わせた、いくつかの灌頂を受けられました。ズィガー・コントゥル・リンポチェからは、ギャルポ・リンポチェは、口頭の解説とすべての本尊についての経験的な洞察の継承を組み合わせた、リンチェン・テルズーの教えと灌頂を受けられました。
バロム・カギュー派のリパ・セルジェー・リンポチェから、ギャルポ・リンポチェはチベット仏教バロム・カギュー派特有の灌頂と教えを受けられました。ニンマ派の系譜からは、ディルゴ・キェンツェ・リンポチェを含む師から、リンポチェは、なかでもゾクチェン・ニンティク・ヤプシに特別な重点を置いて、すべてのニンマ派タントラと成就法の一般的な伝授と洞察を受ける加持を得ました。ゾクチェン・ニンティクは、偉大なるゾクチェン・ケンポ・ニョシュル・ルントクの系譜の聖なる宝物の体系です。ニョシュル・リンポチェは、偉大なるパトゥル・リンポチェのもっとも悟った弟子と考えられています。ニョシュル・リンポチェが72歳で亡くなられた時、頭上に虹がかかり、悟りを得た師が亡くなられたしるしと考えられている他の多くのしるしが生じました。
悟った師であるポリ・ケンチェン・ドルジェチャン、ニョシュル・ケンポ・ジャンパ・ドルジェ、そしてケンポ・トウテン・リンポチェから、ギャルポ・リンポチェは様々な側面のゾクチェンの灌頂、教え、そして直接の口頭の核心の導きを受けられました。直接の口頭の核心の導きとは、悟った師から弟子への直接の教えで、四つの体系―外・内・秘密・最も秘密の体系に分かれます。リンポチェの学習は最も秘密の体系の最も心髄と考えられている、レンテン・ニンティクの教えに焦点を当てたものでした。
ドゥクパ・カギュー派の前の管長であるギャルワン・ドゥクパ・タムチェーケンパ、そしてヨギ・リクズィンから、ギャルポ・リンポチェはマハームドラーとゾクチェンの心髄の完全なる導きを受けられました。リンポチェは特にドーハを重視した、ドゥクパの心髄の教えも受けられました。ドーハとは、通常、詩や歌の形で与えられる、神秘的な教えです。それには直接的な覚醒の智慧のような甚深なる教えが含まれています。
ジグデル・キェンツェ・リンポチェから、ギャルポ・リンポチェは、パグモ・ドゥクパの問いに対するガンポパの回答についての教えを受けられました。
タクルン・シャプドゥン・リンポチェとマトゥル・リンポチェから、ギャルポ・リンポチェはチャクラサンヴァラ・カンド・ギャツォと他のタクルン・カギュー派の教えの体系を受けられました。
サキャ・ドルマ・ポダン、サキャ・プンツォク・ポダン猊下たち、ルディン・リンポチェ、チョゲー・ティチェン・リンポチェから、ギャルポ・リンポチェは特にヘーヴァジュラ、ヴァジュラ・ヴァラヒとヴァジュラ・バイラヴァのサキャ派の灌頂と教えを受けるという加持を得られました。
すべての仏教修行者にとって命綱と考えられている根本ラマ、クヌ・リンポチェ・テンズィン・ギャルツェンから、ギャルポ・リンポチェは特にテクチューとトゥゲルに重点を置いた、マハームドラーとゾクチェンの核心の、清浄で混じり気のない教えを受けられました。
ギャルポ・リンポチェは上記のすべての甚深なる師から教えを受けられ、三大リトリートと本尊を宥めることを含むリトリートと宥めに力点を置いて、そのすべてを前行から生起・究竟次第まで行じられました。
 チベットから脱出した後は、ギャルポ・リンポチェはチベット亡命政府のために11年間、内閣の主席秘書と、後にはインド・シムラのチベット自助手工芸センターのエグゼクティブマネージャーとして務められました。11年の務めが終わる時に、ギャルポ・リンポチェはディクン・キャプグン・リンポチェ猊下に、インドのデラドゥンにある、ディクン・カギューの総本山であるチャンチュプリンに入りたいとお願いしました。猊下に対する止まるところのない献身とできることならなんでもディクン・カギューのために務めたいという願いから、ギャルポ・リンポチェはチベット政府にお仕えすることを辞してデラドゥンに行かれました。
ディクン・キャプグン・リンポチェに対して、ギャルポ・リンポチェは個人秘書と、ディクン・カギュー・インスティテュート(チャンチュプリン)が設立されて登記されたときには、その事務総長を務められました。リンポチェは僧院を建設をはじめるための資金を得て、亡命先におけるディクン・カギューの伝統の総本山の建設の様々な段階を通じて貢献されました。
ディクン・カギューの修行者と僧侶に手を差し伸べる効果のあがった努力において、ギャルポ・リンポチェは東チベットからカイラス山までのすべてのディクンの僧院を回られました。リンポチェはまた、ディクン・キャプグン・リンポチェ猊下をお助けして、ディクン・カギューの伝統の歴史の記録と編纂をおこなわれました。
他の系譜の求めに応えて、ギャルポ・リンポチェはインド・シムラにニンマ派の伝統の命綱であるドルジェ・ダク本山を建設されました。
現在、ギャルポ・リンポチェはディクンの僧院の再建の実現、チベットの遊牧民の子供のための学校の設立、カム地方における近代的な病院と地域保険プログラムの設立のために、ご自身の健康や快適さに考慮されることなく、休まず働かれています。リンポチェはアメリカにいくつかの活動する仏法センターをお持ちで、その中心はニュージャージーのデンヴィルにあるものです。リンポチェは台湾にも活動する仏法センターをお持ちです。仏法の活動が多岐にわたっているため、リンポチェはほとんどのお時間を、ご自身の多くのセンターを訪れることに費やされ、弟子が仏陀、ディクン・カギューの教えをよりよく理解し、それを彼ら自身と周囲の人々の日々の生活の質を向上することにいかに適用するかについて、育成、指導されています。純粋なラマを見いだすことは困難であり、弟子の一人一人は彼らが自分の手に宝石があることに気づき、常にリンポチェのご健康とあらゆる仏法の事業の継続を祈っています。

英語原文は「続きを読む」よりどうぞ↓
In Tibetan culture family connections are of such great importance, that even Tibetans with little or no education can name their relatives for generations back. Even more careful documentation of family lineage takes place when the person is a tulku. A tulku is considered to be a human being who takes deliberate rebirth in order that they might bring the blessings of the Buddha Dharma to all sentient beings. It is not surprising therefore that Gyalpo Rinpoche’s family lineage can be traced back for many centuries. Since such an extensive explanation is beyond our needs here, we will begin Gyalpo Rinpoche’s biography with the life of his previous incarnation, Chogtul Trinley Gyatso, commonly known as Lama Phurga (1883-1938).
Lama Phurga lived in Kham , Tibet and was loved and respected by all who knew him. He was renowned for his complete devotion to the Dharma. He was so devoted to the Drikung Kagyu that at three different times during his lifetime he offered all his worldly possessions to the previous incarnation of H. E. Garchen Rinpoche, Garchen Trinley Yongkyab. Lama Phurga was a very sought after doctor and was known for his ability to see into a persons past, present and future lives.
When Lama Phurga died the search for his reincarnation began in earnest with the submission of candidates names to His Holiness the 34th Drikung Kyabgon, Shiwai Lodro. After contemplation, His Holiness replied that the new tulku of Lama Phurga would be born of a father whose name would contain the Tibetan letter "da" and a mother whose name would contain the word "yung." When attendants appealed to His Holiness for more clarity, His Holiness wrote down the Zodiac signs and the birth years of both the parents and the zodiac sign of the new tulku.
To help in locating the reincarnation of Lama Phurga, His Holiness the 16th Karmapa also went into meditation looking for a vision that would point to the correct young boy. His meditation resulted in a prophetic vision that the tulku would be born in the Earth Hare year to a mother named Tashi Yungden.
His Eminence Tai Situ Pema Wangchen, also in meditation at the time sent word to Gyalpo Rinpoche’s father, Behu Trigyal, the ruler of the kingdom of Drong , that his oldest son would serve sentient beings through teaching the Buddhadharma. This was not welcome news to Behu Trigyal as he had plans for his eldest son (Gyalpo Rinpoche) to succeed him and take charge of his temporal responsibilities in the Drong Kingdom . As much as Behu Trigyal disagreed though, all signs pointed to Gyalpo Rinpoche as being the true incarnation of the late Lama Phurga.
After consideration of all the prophecies, and a reluctant agreement of Behu Trigyal to offer his son to the monastery, Gyalpo Rinpoche was acknowledged as the new incarnation of Chogtul Trinley Gyatso, the late Lama Phurga. He was enthroned at Lo Lungkar Gon Monastery in Kham and given the Dharma name Tulku Konchog Tenzin Sharling Migyur Rinchen Dorje Namgyal.
As a young tulku, Gyalpo Rinpoche was blessed to assume his Dharma activities during an age when the teachings flourished in Tibet . As such he was able to receive transmissions and empowerments from the great masters of all Tibetan Buddhist lineages. A small sample of the transmissions and empowerments that he received were the treasure teachings and empowerments of Kagyed, Gongdu, and Kilaya. He also received the complete teachings from such enlightened masters as Druwang Drubpon Gejung Rinpoche, Lo Bongtrul Konchog Tenzin Drodul, Driter Osel Dorje, Chogtul Thubten Nyingpo, and Ontul Choeying Rangdrol.
The direct explanation of texts and oral teachings handed down from teacher to student from generation to generation is known as a transmission. While many Dharma practioners can receive teachings and empowerments only a select few are considered worthy to receive transmissions from their teachers.
There are several different types of transmissions: the Karma transmission, a long transmission where the teachings are passed from the teacher to the student; the Sign Transmission, a transmission between knowledge holders and the Oral transmission, the oral recitation of a perfectly recited text creating an unbroken chain from the time of the origination of the text.
There is also an additional transmission called the Terma Transmission. Termas are revealed “treasure” teachings written down and deliberately hidden for the benefit of future generations. When the time is right for their use, they are discovered and recovered from their hiding places by a Terton, a practitioner whose karma it is to recover these precious hidden teachings.
During retreats with his teachers Gyalpo Rinpoche received all these types of transmissions from his teachers combined with extensive teachings and direct experiential insight.
The list of teachers and lineages from which Gyalpo Rinpoche received these blessings is abundant and diverse. From the famous Drikung Kagyu teaching masters Gelong Pachung Rinpoche and Druwang Kyunga Rinpoche he received core teachings on Mahamudra along with the transfer of profound experiential insight. Understanding that receiving the teachings is only the first step, Gyalpo Rinpoche practiced each teaching without error from the beginning to the completion stage. Thus he was able to be a complete repository for the blessings and teachings of the Lord Buddha and a true vehicle for freeing sentient beings from the grip of Samsara.
From His Holiness the 16th Karmapa, Gyalpo Rinpoche received both the profound teachings of Mahamudra, and the Tsig-chigma practice of His Holiness the 3rd Karmapa, Rangjung Dorje. From Situ Pema Wangchuk Rinpoche, he received several empowerments combined with teachings, commentaries and experiential insight. From Zigar Kongtrul Rinpoche, Gyalpo Rinpoche received the Rinchen Terzod teachings and empowerments, combined with oral commentaries and the transfer of experiential insight for all the Yidam deities.
From Ripa Seljey Rinpoche of the Barom Kagyu lineage, Gyalpo Rinpoche received empowerments and teachings specific to the Barom Kagyu school of Tibetan Buddhism . From the Nyingmapa lineage Rinpoche’s teachers included Dilgo Khyentse Rinpoche from whom he was blessed to receive the general transmission of and insight into all the Nyingmapa tantras and sadhanas with a special emphasis on the Dzogchen Nyingthik Yabshi teachings. The Dzogchen Nyingthik is a sacred series of treasures from the lineage of the great Dzogchen Khenpo Nyoshul Lungtok Tenpai Nyima. Nyoshul Rinpoche was considered the most enlightened student of the great Patrul Rinpoche. It is said that when Nyoshul Rinpoche died at the age 72, arched rainbows lights arched overhead accompanied with many other phenomenon considered to be the auspicious signs of the passing of an enlightened master.
From the enlightened masters Poli Khenchen Dorje Chang, Nyoshul Khenpo Jampa Dorje and Khenpo Tauten Rinpoche, Gyalpo Rinpoche received multiple aspects of Dzogchen empowerments, teachings and direct oral pith instructions. Direct oral pith instructions are teachings from an enlightened master directly to the student and are divided into four cycles; Outer, Inner, Esoteric and Innermost Esoteric Cycle. Rinpoche’s studies focused on the Lengthen Nyingthik teachings, considered the Innermost Essence of the Innermost Esoteric cycle.
From the former head of the Drukpa Kagyu lineage, the Gyalwang Drukpa Thamche Kyenpa, and Yogi Rigzin, Gyalpo Rinpoche received the complete introduction to the essence of Mahamudra and the Great Perfection. He also was given essential Drukpa teachings with special emphasis on Doha . Dohas are mystical teachings, usually given in the form of poems and songs. They contain profound teachings such as the wisdom of direct awakening.
From Jigdral Khyentse Rinpoche, Gyalpo Rinpoche received teachings on Gampopa's answers to Phagmo Drupa's questions.
From Taklung Shabdrung Rinpoche and Matul Rinpoche, Gyalpo Rinpoche received the Chakrasamvara Khandro Gyatso teachings along with other cycles of teachings of the Taklung Kagyu School .
From their Holinesses Sakya Dolma Phodrang, Sakya Phuntsog Phodrang, Luding Rinpoche, and Chogye Trichen, Gyalpo Rinpoche was blessed to receive Sakyapa empowerments and teachings of particularly Hevajra, Vajravarahi and Vajra Bhairava.
From his root guru, who is considered to be the lifeline of all Buddhist practioners, Khunu Rinpoche Tenzin Gyaltsen, Gyalpo Rinpoche received the pure, unadulterated teachings of the core of Mahamudra and the Great Perfection with special emphasis on Trigchod and Thogal.
Gyalpo Rinpoche received the teachings of all the above profound masters and practiced them all from the preliminary stages to the arising and completion stages, punctuated with retreats and propitiation of deities which included three Major retreats and Yidam Propitiations.
After escaping from Tibet , Gyalpo Rinpoche served the Tibetan Government in Exile for 11 years as Senior Secretary to the Kashag and later as Executive Manager of Tibetan Self-Help Handicraft Center in Simla , India . Towards the end of his 11 years' service, Gyalpo Rinpoche was asked by His Holiness the Drikung Kyabgon Rinpoche to join him at Jangchubling, the seat of the Drikung Kagyu in Dehra Dun , India . Because of his unending devotion to His Holiness and his wish to serve the Drikung Kagyu in whatever way he could, Gyalpo Rinpoche resigned from the Tibetan government service and traveled to Dehra Dun .
While with His Holiness the Drikung Kyabgon Rinpoche, Gyalpo Rinpoche served as his Private Secretary and General Secretary of Drikung Kagyu Institute (Jangchubling) during the time of founding and registering of the Institute. He obtained funds to begin building the monastery and has been a contributor throughout the various stages of building the seat of the Drikung Kagyu tradition in exile.
In a successful effort to reach out to Drikung Kaygu practitioners and monastics, Gyalpo Rinpoche toured every Drikung monastery from Eastern Tibet to Mt. Kailash . He also assisted His Holiness the Drikung Kyabgon Rinpoche to compile and record the history of the Drikung Kagyu tradition. Responding to the needs of other lineages, Gyalpo Rinpoche established the Seat of Dorje Drag - the lifeline of the Nyingmapa Tradition - in Simla , India .
Today, Gyalpo Rinpoche works tirelessly, without regard to his personal health or comfort, to bring to fruition the rebuilding of the Drikung monasteries, the establishment of schools for Tibetan Nomad children, and the founding of modern hospitals and community health programs in Kham. Rinpoche has several active Dharma centers in the United States , the main one being in Denville , New Jersey . He also has active Dharma centers in Taiwan . Since his Dharma activities are so diverse, he spends much of his time traveling to his various centers, nurturing and guiding his students to a better understanding of the teachings of the Lord Buddha, the Drikung Kagyu, and how to apply those teachings to improve the day to day quality of their lives, and the lives of those around them. A pure lama is hard to find and each of his students realized that they hold a jewel in their hands and they pray continually for his good health and success in all his Dharma activities.

関連記事
20:32 ラムキェン・ギャルポ R | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示