▶ admin  

2月の仏教勉強会

2018/01/30
2月の慈母会館での仏教勉強会のテーマは、
ナーガールジュナ(龍樹)の仏教理解とロジョン(心の訓練法)
になります。

日時:2月3日、17日 15時〜17時
会場:慈母会館(公益財団法人全日本仏教尼僧法団)新宿区大京町31 JR千駄ヶ谷または信濃町駅下車
会費:1000円
予約不要。どなたでもご参加いただけます。
終了後、ポワの復習会があります。こちらは、アヤン・リンポチェのポワコースに全参加された方限定です。

中国・日本、チベットの仏教は、ともに古代インドの高僧ナーガールジュナ(龍樹)の仏教理解に基づく伝統です。
ナーガールジュナは、阿含経典の理解から、当時議論のあった大乗経典を仏説と認めるべきことを説き、様々な教えを仏陀の境地に至る、苦しみからの解放の方法として体系化しました。
その、仏陀の境地に至る実践のエッセンスが、チベットに伝わるロジョン(心の訓練法)です。
これは当初、インドからチベットに招かれたアティシャが一人の弟子にのみ授けたとされる秘伝で、現在では宗派を超えて実践され、欧米ではもっともポピュラーな、チベットの伝統に基づく瞑想法として知られています。

参考:
吉村均「大乗仏教は大乗経典に基づく教えか?」『サンガジャパン』vol.25特集・原始仏典
吉村均「チベットに伝わる心の訓練法(ロジョン)と現代」明治学院大学『カルチュール』5巻1号(明治学院大学機関リポジトリでダウンロード可能)
関連記事
21:33 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示