▶ admin  

第15回現代仏教塾「チベットの浄土信仰」(吉村均)

2017/04/26
 先日、横浜市旭区の浄土真宗大谷派 高明寺・横浜聖地霊園でおこなった第15回現代仏教塾「チベットの浄土信仰」が、はやくもyoutubeにアップされていました。

講師:吉村均(中村元東方研究所)
日時:2017年4月16日(日)
  • チベットの伝統における浄土信仰
  • 仏の世界とは?
  • チベットの浄土信仰の裏づけとなる教え
  • チベットと日本の伝統における極楽浄土
  • 往生のためにもっとも重要なこと
  • 死の際の実践法①:ポワ
  • 死の際の実践法②:『チベットの死者の書』
  • 浄土はどこにあるか?
  • 自力/他力
  • 仏教思想における浄土信仰の位置



20:55 浄土 | コメント(0) | トラックバック(0)

短い極楽誓願(ナムチュー・ミンギュル・ドルジェ造)

2017/04/24
短い極楽誓願
ナムチュー・ミンギュル・ドルジェ造

エマホ
ゴツァル・サンギェー・ナンワ・タイェー・タン
希有なる阿弥陀仏と、

イェース・ジョウォ・トゥージェ・チェンポ・タン
右手に大悲(観世音菩薩)と、

ユンドゥ・センパー・トゥーチェントプ・ナム・ラ
左手に得大勢至菩薩たち、

サンギェー・チャンセム・パクメー・コル・ギー・コル
無数の仏陀・菩薩に取り囲まれている

デキー・ゴツァル・パクトゥメーパ・イ
希有なる無量の喜楽の

デワチェン・シェーチャウェー・シンカム・デル
極楽というその浄土に、

ダー・シェン・ディ・ネー・ツェ・プー・ギュル・マタク
自他がここより命が移るやいなや、

キェワ・シェン・ギー・パルマ・チューパ・ル
別のところに生まれることによる間隔を断ち切って、

デル・キェー・ネー・ナンテー・シャル・トンショー
そこに生まれて、阿弥陀のお顔を拝したい。

デキェー・ダー・ギー・ムンラム・タッパ・ディ
そのような、私がたてたこの誓願を、

チョクチュー・サンギェー・チャンセム・タムチェー・キー
十方の一切の仏陀・菩薩よ、

ゲク・メー・ドゥッパル・チンギーラプ・トゥソル
障碍なく成就するよう加持ください。

タヤタ・ペンツァ・ディヤ・アワ・ボダナエ・ソーハー
20:35 経蔵 | コメント(0) | トラックバック(0)

チベットの仏教についてのよくある誤解(その3)

2017/04/14
 チベットの教えは、大乗仏教の流れに属していて、ことあるごとに利他が強調されます。教えを聞く時には、かならず先生が「菩提心をおこし、利他の動機で聞いてください」とおっしゃいますし、どんなささいな善行をおこなった時も、必ず一切衆生のために廻向するように、と教えられます。利他こそがチベットの伝統でもっとも重要なことであるかのようです。

  でも、そこにも実は落とし穴があります。(その2)で触れた前行の教えは、利他からスタートしてはいません。一番最初の教えは「人身の得がたさ」、自分が今、人間として生まれて教えを受けていることが、いかに得がたい幸運であるかを理解すること、です。
 自分の大切さ、かけがえのなさを理解することと、利他の教えは、一見、矛盾しているように見えるかもしれません。

  しかし、他の衆生を輪廻の苦しみから救うためには、自分自身が輪廻の苦しみから抜け出す方法を知っていなければなりません。そもそも、自分が輪廻を苦と理解していなくては、「一切衆生を輪廻の苦しみから救う」というのは、単なる言葉だけのものになってしまいます。

  無知こそが苦しみの真の原因で、一番よく知っているはずの自分自身について、その価値やかけがえのなさを知らないことが、一番大きな、気づきやすい無知です。まずそれを取り除くことからはじめなければ、自分が苦しみから解放されることも、他を苦しみから解放することもできません。

  仏教の実践は「道」であり、順番を間違えてしまうと、目的地にたどりつくどころか、かえって迷路の中を延々とさまようことになってしまいます。そのため、前行のような階梯的な教えを、信頼する師の指導のもとで学ぶことが大切なのです。

  仏教の教えを広めようと、多くの方が熱心に活動されています。私自身、そういう方々の恩恵を蒙っていますが、熱心に教えを広めようとされている方の中には、この人は仏教を広めたいのだろうか、仏教についての自分の考えを広めたいのだろうか、と疑問を感じる方もないわけではありません。

  無我の教えを広めたい人と、無我の教えを学びたい人は、まったくタイプが別、と感じることすらあります。

  西洋の哲学において、「カントの哲学」について語ることは、実際には「カントの哲学についての自分の解釈」を語ることです。そこに問題はありません。しかし、仏教、無我の教えはそれとはまったく性格が違います。「無我についての私の解釈」は「無我」とはまったくの別物です。

  大乗の伝統で、智慧と慈悲が鳥の両翼、車の両輪にたとえられてきたのは、そのためです。智慧を欠いた慈悲は、「溺れている人が他の溺れている人を救おうとするようなもの」「目が不自由な人が他の不自由な人の道案内をしようとするようなもの」といわれます。

  伝統的に、仏教を説くことのできる資格について厳しくいわれてきたのは、このような理由があるからです。

  たとえ、自分では、「仏教を広めよう」という意欲にあふれていたとしても、それが「私の仏教の解釈」であれば、自分の考えを他人に押し付けているだけで、自分自身も、導こうとしている相手も、真の無我に到達することはできません。それどころか、知らず知らずの内に自分の「我」を増長させ、「自分がすぐれた救済者で、劣った衆生どもを救ってやるのだ」というきわめて危険な方向に進んでしまう可能性すらあります。

  薬は、用い方を誤まれば、毒にもなります。

  チベットの伝統でいう「心の本質」、仏性ともいいますが、それは言葉で説明することはできず、それが一切衆生にそなわっていることが完全にわかるのは仏陀になった時だ、といいます(如来蔵)。では、そうなら、なぜ、そのような教えを説く意味があるのか、チベットの僧院教育で重視されてきた『宝性論』は、その理由のひとつとして、菩提心をおこした者が、衆生を劣った者として見ることを防ぐため、ということを挙げています。

  「心の本質」をさとることは無我を理解することと同義ですから、「私の心の本質」をさとるわけではなく、「心の本質」がわかれば、一切衆生に「心の本質」が備わっていることが(程度の差はあれ)見えるようになってきます。

  一切衆生に「心の本質」がそなわっていることが見えて、はじめてその取り出し方がわかるようになる、それが仏教における真の利他の道、菩薩の実践です。
 
チベット文化研究所で「基礎からわかるチベット仏教入門」を開催します(4月14日より)
お問い合わせ・ご予約等はチベット文化研究所まで
09:00 仏教入門 | コメント(0) | トラックバック(0)

チベットの仏教についてのよくある誤解(その2)

2017/04/13
 チベットの伝統には、奥義とされるゾクチェンやマハームドラーと呼ばれる教えがあり、前行と呼ばれる段階と、本行と呼ばれる段階に分かれています。

  そうなると、前行は省略して、はやく本行を受けたい、と思うのが人情ですが、実はそこには落とし穴があります。
 前行の教えには、「人身の得がたさ」を理解することからはじまる四つの教え、帰依と菩提心、金剛薩埵の浄化法、マンダラ供養、師の智慧と一体になるグル・ヨーガの修行が含まれていますが、そこには仏陀の境地に至るための必要な教えがすべて含まれています。

  帰依と菩提心、罪を懺悔し浄化すること、功徳を積むこと、智慧を得ること以外に、仏教にするべきことはありません。実態からすれば、前行の教えは、「お徳用修行パック」というべきものなのです。
  チベット語でも前行はグンド=直訳すると前・行く ですが、もしかしたら、その重要性に自分で気づかせるために、わざとやる気がでないように前行という名前をつけたのでは、と思うことすらあります。

  では、前行と本行を分けるのは何か?

  ゾクチェンやマハームドラーは、「心の本質」の実践ですが、「心の本質」をわかっていない段階が前行で、「心の本質」をわかって実践するのが本行です。

  もしかしたら、前行をはじめようとする人の中には、「自分はもしかしたら、導きを受ければ直ちに「心の本質」を理解できるのでは。そんな自分が五十万回の前行をするのは、時間の無駄になってしまうのでは」と心配されている方もいらっしゃるかもしれません。
  でも、心配はいりません。(これはネタバラシになってしまうかもしれませんが)すべての前行の教えがそうなっているかどうかはわかりませんが、有名なある教えの体系の前行についていうと、修行法も唱えるお経も、もし修行者が「心の本質」をさとれば、修行法も唱えるお経の意味も、すべて本行の実践になるように作られています。ですから、回り道を経ることなく、「心の本質」をさとった段階で、ただちに本行にはいることができます。

  逆に、「心の本質」をまだ理解していない段階で本行の教えを受けたとしても、意味を正しく理解することは不可能ですし、実践することもできません。

  なぜなら、「心の本質」は言葉で説明することのできないもので、それをまださとっていない人がゾクチェンやマハームドラーの教えを聞いて、「心の本質」はこういうものだろうと想像しても、その「心の本質」のイメージは言葉で作られたものですから、それが言葉を超えた本当の「心の本質」に一致することは原理的にありえません。

  本行の実践法というのはありますが、それはすでに理解している「心の本質」にいかにとどまるか、という修行なので、まだ「心の本質」を知らない人がとどまり方を習って実践したとしても、時間の無駄にしかなりません。

  日本のチベット関係者のあいだでもゾクチェンは人気が高く、前行に対する本行の卓越性を強調される方もいますが、私は正直、疑問をもっています。

  私が受けた教えのなかである高僧は、「ゾクチェンの前行と本行で、重要なのは前行の方である」とはっきりおっしゃっていました。その方は、もうなくなられて今は生まれ変わりの少年が発見されていますが、ダライ・ラマ法王のゾクチェンの先生だった方で、いくら日本の「ゾクチェン通」の方がゾクチェンに詳しいとしても、ダライ・ラマ法王のゾクチェンの先生ほどでは、と思いますし、信じる・信じないはもちろん自由ですが、私はその方の教えに一切疑いを持っていません。

  「心の本質」は一切衆生にそなわっていますが、それは言葉で作られた概念(仏教語の「分別」)の層に厚くおおわれています。智慧を得る、とか功徳を積む、さとりを開く、という言い方をしますが、実際にはその分厚い層を削っていくのが仏教の勉強と修行で、それを最短距離でおこなうのが、前行の学習と実践なのです。
 
チベット文化研究所で「基礎からわかるチベット仏教入門」を開催します(4月14日より)
お問い合わせ・ご予約等はチベット文化研究所まで
09:00 仏教入門 | コメント(0) | トラックバック(0)

チベットの仏教についてのよくある誤解(その1)

2017/04/12
 いきなりですが、日本仏教とは異なる「チベット仏教」なるものがあるわけではありませんし、「チベット仏教徒」がいるわけでもありません。

  チベットでは、三宝(仏・法・僧)に帰依しているのが仏教徒の定義ですが、「チベットのブッダ(仏)」や「チベットのダルマ(法)」があるわけではありません。チベットのお寺でお坊さんたちが仏教を学ぶ教科書は、ナーガールジュナ(龍樹)、アサンガ(無着)、チャンドラキールティ、シャーンティデーヴァといった、古代インドの高僧がたの著作です。

 仏教徒にとって最大の聖地は、お釈迦さまがさとりを開かれたインドのブッダガヤですが、そこにはさとりを開かれた場所に立てられたマハーボーディ寺院(西遊記の三蔵法師のモデルである中国の玄奘三蔵も、シルクロードを旅して、ここを訪れています)を中心に、日本寺、チベット寺、タイ寺、ブータン寺、中国寺など、世界各国の寺院が建てられています。寺院建築も仏像も、それぞれの国の様式で建てられ、特色がありますが、ブッダガヤに参詣する世界中の人は、「私はチベット人だからチベット寺に」ということはなく、どのお寺も同じように巡って参拝しています。

  サンガ(僧伽)の戒律というのも、お釈迦さまが定められたメンバー規約で、すでにメンバーになっている者から承認を受けると、世界のどこでも比丘・比丘尼として通用します。退会や除名(!)規定も、お釈迦さまが定められています。
  それぞれの道は、表面的には大きく違って見えることもあるかもしれませんが、理解が深まっていけば、同じ山頂を目指す道であることが理解できるようになる、それが仏教という「道」の特色です。


チベット文化研究所で「基礎からわかるチベット仏教入門」を開催します(4月14日より)
お問い合わせ・ご予約等はチベット文化研究所まで

09:42 仏教入門 | コメント(0) | トラックバック(0)

ケンツェ・ノルブ監督の最新作『ヘマヘマ』(ネタバレあり)

2017/04/04
 チベット仏教の高僧でもあるケンツェ・ノルブ監督(ゾンサル・ケンツェ・リンポチェ)の最新作『ヘマヘマ:待っている時に歌を HEMA HEMA: SING ME A SONG WHILE I WAIT』が大阪アジアン映画祭で上映されました(以下、ネタバレあり)。
ヘマヘマポスター

男は、仮面をつけ、誰であるか、性別など、一切を隠して加わる十二年に一度の秘密の祭りに参加するが、そこで、ある事件を起こしてしまう。二十四年後、再び祭りに参加した男は・・・

映画上映後、ゲストのプロデューサーのトークがあり、発想のもとが、インターネットのチャットでのハンドルネームでのやりとりで、現代社会では仮面をつけることで、はじめて自分を出すことができる、しかしそこでは怒りや欲望の噴出もおこる、という興味深いお話しがありました。

タイトルのHEMA HEMAは、昔々、という意味の言葉だそうです。副題のWHILE I WAITは、仏教の死と再生の間の時間、中有(バルド)のことだそうです。チベットには、中有にある死者の意識に説き聞かせる『チベットの死者の書』があり、この映画でも重要な意味を持っています。チベット仏教本来の意味でも、私たちの生から死までもひとつのバルドなのですが、映画では、死者がアイデンティティを失って彷徨い、ふたたび新しい生のアイデンティを獲得するまでを、アイデンティティを喪失した現代社会に重ねているようでした。この映画は、ブータンで撮影されたにも関わらず、ブータンでの上映を禁止されてしまったそうですが、ブータンの若い人たちにこそ見てもらいたい、と思いました。
ヘマヘマ

ブータン政府は伝統を維持する政策をとっていますが、まったく形を変えずに暮らしを続けることは不可能です。しかし、伝統を捨てたからといって、すべてから解放され、自由になるわけではありません。仏教の信仰を捨てることはできますが、信仰しないからといって、免れることができないものもあります。

 どこか日本の風景に似た、ブータンの自然とまつり、深く考えさせる内容、とても魅力的な映画でした。

 ゾンサル・ケンツェ・リンポチェは、仏教の叡智を後世に伝えるため、チベット大蔵経をすべて英語などに翻訳し、完成したものをインターネットでつないで世界同時に唱えるというGlobal Resoundingの試みもなさっています。

 映画でも、なにが変わるもので、なにが変わらないものか、がもっとも重要なテーマであるように感じられました。
 映画の冒頭と終わりには、ブータンの首都ティンプーで撮影されたという、ディスコのシーンが登場します。
 映画では、最初の秘密のまつりでは、伝統的なチャム(僧侶による宗教舞踊)の仮面などを使って、『死者の書』の内容が演じられていましたが、二十四年後、再び訪れた際には、仮面はタイガーマスクのような覆面に、舞踊はトランスに変わっていました。自然のなか、秘密のまつりに参加する際、いきなり携帯が鳴ってしまう、というシーンは、笑えると同時に、伝統が失われ、変質していくことの象徴です。

 それは残念なことではありますが、他ならぬ仏教が、無常、すべてのものは移り変わることを説く教えでもあります。いつか仏教の教え自体も、この世から失われる日が来る―それが末法の教えです。

 しかし、仏教の教えが失われたとしても、変わらず残りつづけるものがあります。それは、業(カルマ)と因果です。
 私には、映画はそのことを観客に示し、考えさせるものであるように感じられました。

 上映前、時間があったので、前から一度見たかった、奈良時代に行基によって作られたという土塔を訪れました。
土塔1

 行基は人々ために橋を架け、港をつくり、聖武天皇の大仏造営にも協力した高僧で、文殊菩薩の化身として信仰されていました。
土塔2

十三重の土段が築かれ、瓦で覆われており、現在は創建当初の姿に復元されています。行基は単に旅人の便宜のために橋や港を作っただけでなく、そこを拠点として仏教の教えが説かれました。その際、旅する人たちが耳にした新しい教えが、因果応報でした(『日本霊異記』)。

 土地の神々に祈っていた人が、生まれ故郷を遠く離れ、旅に出る。自分を守ってくれる存在を見失い、不安のなかにある人々が耳にした新しい教え、それが因果の法則でした。そうやって、仏教は日本に根を下ろしました。

 今、過疎や少子化で、日本の仏教のあり方も大きく変わりつつあります。その時、何をあきらめ、何を残すべきか、今回の大阪行きは、そのことを深く考えさせられる、よい機会になりました。
20:36 あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)

チベット文化研究所の新講座「基礎からわかるチベット仏教入門」はじまります

2017/04/04
 五反田のチベット文化研究所を会場に、新しい勉強会をはじめます。
原則、第二・第四金曜夜18時30分~20時30分。4月14日開始です。
要予約。予約や参加費などのお問い合わせは、チベット文化研究所にお願いいたします(スタッフがいるのは月・水・金) 吉村均
 
  仏教の教えや実践法は膨大で、何をやればいいのか、こんなにいろいろ覚える必要があるのか、戸惑われる方もいらっしゃるでしょう。
仏教は西洋の宗教のような、教義に従う教えではありません。味噌汁に、家庭で毎日飲むものから高級料亭の味までさまざまなレベルがあるように、いきなり高級料亭の味を、ということになれば、味噌も老舗の何と何をどういう比率で混ぜ合わせる、出汁の昆布も最高級の○○産などと、大変なことになりますが、出汁のひき方と味噌の分量さえ間違えなければ、そこそこ美味しいものができあがります。
仏教の学習や実践も同様で、最初から完璧を目指すのではなく、はずせないポイントさえ抑えておけば、大きな間違いは生じません。
この講座では、チベットの仏教の実践にはいって間もない方や、これから実践にはいろうかと思案中の方を主な対象に、チベットの仏教の概要と、はずせない実践上の要点を紹介していきます。
 予定内容(参加された方の関心などによって多少変更する場合があります)
  • チベットの歴史と諸宗派の概観
  • 仏教の基本(阿含経典と大乗経典。三転法輪。聞・思・修。戒・定・慧。六波羅蜜)
  • 実践のソース(般若心経・友への手紙(勧誡王頌)・普賢行願讃)
  • 実践階梯(ラムリム。出離心。発菩提心。心の訓練(ロジョン))
  • 密教(顕教との違い。なぜ秘密の教えなのか。密教の分類)
  • 奥義(ゾクチェン・マハームドラー。「心」と「心の本質」)
  • 特色のある実践(ポワ。チベットの死者の書。チュウ)
予約・問い合わせ:チベット文化研究所
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-12-15-401
TEL03-5745-9889 FAX03-3493-3883
e-mail(tcci@nifty.ne.jp)
各種講座のご予約及びお問い合わせは
(月・水・金 10:30~17:30 昼休み13:00~14:00)

チベ研地図
20:08 法話、講座 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |