▶ admin  

4月の勉強会のお知らせ

2017/03/30
お蔭さまで、約半年つづいた慈母会館「伝統仏教を学ぶ」での、浄土七祖の教えの勉強会は、無事終了しました。
4月1日は、正規の勉強会ではなく、要望のあった、昨年暮れに青山であった『入菩薩行論』の教えの自主勉強会となります。『入菩薩行論』の和訳をお持ちの方は、ご持参ください。
参加費から会場費と資料代を除いて黒字が生じた場合は、教えの主催団体に寄付します。
15日は、前日がチベット文化研究所での勉強会の初回、翌16日が横浜での現代仏教塾があり、申し訳ありませんが、おやすみにさせてください。
5月6日はゴールデンウイーク中で、慈母会館の勉強会の再開は、5月20日の予定です。
日時:4月1日(土)15時~17時
会場:慈母会館(新宿区大京町31)
参加費:1000円(参加者が多ければ、500円にします)
予約は不要です。

勉強会終了後におこなっているポワの復習会も、1日は金剛サッタの瞑想法(準備が間に合い、時間にも余裕があったら短い阿弥陀仏の成就法も)の復習会になり
ます。参加資格は、日本または外国でアヤン・リンポチェのポワコースにフル参加された方、または該当する教えに部分参加された方です。
4月16日、5月6日は、復習会はありません。

4月14日(金)から、東京・五反田のチベット文化研究所での新しい勉強会がはじまります。時間は第二・第四金曜夜、18時30分~20時30分です。要予約。参加費その他は、研究所にお問い合わせください。
今回は、チベット仏教の実践をはじめてまもない方、はじめようか考え中の方を主な対象に、実践に役立つ・必要な知識を中心にお話ししていく予定です。
http://tibet-tcc.sakura.ne.jp/TCC-B/TCC-B.html#bukkyounyuumon
4月16日(土)は、横浜市旭区の高明寺横浜聖地霊園でおこなわれる現代仏教塾(第15回)で、「チベットの浄土信仰」について、お話しさせていただきます。入場無料です。
チベットでも阿弥陀仏の極楽浄土に生まれることは、在家信者を中心に熱心に願われています。
元になっている経典や教え、チベットで死の際の実践としておこなわれている「ポワ」や『チベットの死者の書』の実践(密教の教えなので、具体的なやり方はお話しできませんが)について紹介する予定です。
時間に余裕があれば、仏教全体における浄土信仰の位置づけや、日本の信仰(特に親鸞聖人の他力の教え)との対比などもお話しできたら、と考えています。

日時:4月16日(日)13時30分~17時(途中休憩あり)
場所:高明寺横浜聖地霊園(横浜市旭区上白根町194番1外)
   JR横浜線中山駅または相模鉄道鶴ヶ峰駅からバス
http://dharmadrop.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
当日は、11時からインド音楽などの演奏もあります。こちらも入場無料です。
現代仏教塾では、以前、「日本仏教がチベット仏教に学ぶもの」という題でお話しさせていただいたことがあり、Youtubeで公開されています
(vol.1はご住職の開講の辞、vol.2~5が吉村の講演、vol.6が質疑応答)。他の先生のものと一緒に単行本にもなっています(『現代仏教塾』
Ⅰ、幻冬舎MC。kindleなど電子書籍版あり
18:20 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

4月16日に現代仏教塾・講演「チベットの浄土信仰」吉村均

2017/03/16
4月16日、横浜市旭区 高明寺・横浜聖地霊園でおこなわれる第15回現代仏教塾で、「チベットの浄土信仰」という題でお話しさせていただきます。
午後1時半より。入場無料

それに先立って、午前11時から、春のコンサート がおこなわれます。こちらも入場無料です。

現代仏教塾では、以前、「日本仏教がチベット仏教に学ぶもの」という題でお話しさせていただいたことがあります。
単行本化(現代仏教塾I。Kindleなど電子版あり)されているほか、youtubeで動画を見ることができます。

所在地 神奈川県横浜市旭区上白根町194番1外
電車 JR横浜線「中山駅」南口バスロータリー1番乗り場 相鉄バス ひかりヶ丘団地経由 鶴ヶ峰駅行 バスで約19分 「立丁場」バス停徒歩で約5分
電車 相模鉄道「鶴ヶ峰駅」北口バスロータリー7番乗り場 相鉄バス 中山駅行、西ひかりヶ丘行 バスで約8分 「立丁場」バス停徒歩で約5分


第15回現代仏教塾 プログラム
2017年4月16日(日)   入場無料

『チベットの浄土信仰』
講師:吉村均(中村元東方研究所専任研究員)
午後1時半  開始
  挨拶と講師の紹介  司会:三木悟(真宗大谷派高明寺住職)
午後1時40分~午後2時30分(50分)  講義 1 
  (休憩)  30分
午後3時~午後4時30分(90分)    講義 2 
質疑応答(10~30分)  終了:午後5時
19:28 法話、講座 | コメント(0) | トラックバック(0)

Losar Global Resoundingおこなわれる

2017/03/14
チベット暦では、2017年2月27日が新年(ロサル)でした。
この日に、チベットの高僧ゾンサル・ケンツェ・リンポチェの指導のもと、インターネットで世界をつなぎ、同時に読経する、第2回 Losar Global Resounding がおこなわれ、20箇国、37都市から、900人の参加者を集め、11000人以上のインターネットでのオブザーバーがありました。
https://www.youtube.com/watch?v=N4IgyZHUlSs
17022245_696770090492753_1460985632790633754_n.jpg

日本の寺院では、大般若経の転読がおこなわれますが、チベットの伝統では、般若経や大蔵経を巻ごとに担当者を決め、大勢で読経することがおこなわれます。
Global Resounding はこのような伝統を踏まえ、仏教の興隆を目指すもので、チベット大蔵経を(さしあたって)英語に翻訳し、その英訳を全世界で唱えます。
16806696_696770130492749_3779892155241058762_n.jpg

今回唱えられたのは、
  • The Sūtra on Dependent Arising / Pratītyasamutpādasūtra
  • The Sūtra on Wisdom at the Hour of Death/ Atyayajñānasūtra
  • The Illusory Absorption/ Māyopamāsamādhi
  • The Absorption That Encapsulates All Merit/ Sarvapuṇya­samuccaya
  • The Teaching on the Extraordinary Transformation that is the Miracle of Attaining the Buddha’s Powers/ Buddha­balādhāna­prāt ihārya­vikurvāṇa­nirdeśa
でした。
17021806_696770197159409_6164800944833728760_n.jpg

詳しくは、以下の記事を参照ください。
https://www.buddhistdoor.net/news/dzongsar-khyentse-rinpoche-leads-global-sutra-resounding

チベット大蔵経の翻訳プロジェクト:84000 TRANSLATING THE WORDS OF THE BUDDHA
http://84000.co/

ゾンサル・ケンツェ・リンポチェの指導する世界的組織シッダールタズ・インテントの日本支部
https://www.siddharthasintentjapan.com/
15:40 あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |