▶ admin  

ダライ・ラマ法王の般若心経などの法話

2014/03/21
法王事務所から、東京でのダライ・ラマ法王の法話の詳細が発表されました。
2014年4月17日(木)10時〜12時、13時30分〜15時30分 於、ホテルオークラ東京
event_photo20140417.jpg

内容は、午前中が『般若心経』とナーガールジュナ(龍樹)『法界讃』、午後はトクメー・サンポ『三十七の菩薩の実践』です。

当日は、いつものように通訳のマリアリンチェンさんの手になる日本語訳テキストが配布されるのではと思いますが、もし予習用に何かということであれば、文字通りの拙訳ですが、
般若心経
三十七の菩薩の実践
を公開しています。

『般若心経』には「観自在菩薩・・・」ではじまる小本と、他のお経のように「如是我聞・・・」ではじまる大本の2種類があり、チベットで用いられているのは後者です。小本の内容の前後に状況説明があり、それを読むと、観自在菩薩(観音さま)と舎利子(シャーリプトラ。釈尊の高弟)がどういう関係にあるのか、お釈迦様はどうされているのかがわかります。
2012年にナマステ・インディアの「セミナーハウス」で簡単な解説をおこないました。要旨を掲載していますので、よろしかったらこれも参考になさってください

ナーガールジュナ(龍樹)『法界讃』は、如来蔵思想を説くもので、チベットの伝統では仏教を初転法輪=阿含経典の四聖諦の教え、第二転法輪=般若経の空の教え、第三転法輪=如来蔵経などの光明の心(如来蔵)の教え に整理し、ナーガールジュナの伝記や著作もそれに対応させて捉えています。『法界讃』はそのうち、第三転法輪に対応した讃嘆聚(トゥーツォ)の一冊とされるものです。
漢訳もありますが、チベット語訳とはかなり内容が違っています。チベット語訳からの和訳と漢訳との対照をおこなった研究をみつけました(pdf)ので、これも紹介しておきます。

『三十七の菩薩の実践』は、その最初の部分をトゥルシク・リンポチェが解説なさったものが法王事務所のホームページで公開されています。
また、ガルチェン・リンポチェが日本でおこなわれた解説をYouTubeで見ることができます。



ご参考まで。
00:06 法話、講座 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |