▶ admin  

4月の勉強会のお知らせ

2017/03/30
お蔭さまで、約半年つづいた慈母会館「伝統仏教を学ぶ」での、浄土七祖の教えの勉強会は、無事終了しました。
4月1日は、正規の勉強会ではなく、要望のあった、昨年暮れに青山であった『入菩薩行論』の教えの自主勉強会となります。『入菩薩行論』の和訳をお持ちの方は、ご持参ください。
参加費から会場費と資料代を除いて黒字が生じた場合は、教えの主催団体に寄付します。
15日は、前日がチベット文化研究所での勉強会の初回、翌16日が横浜での現代仏教塾があり、申し訳ありませんが、おやすみにさせてください。
5月6日はゴールデンウイーク中で、慈母会館の勉強会の再開は、5月20日の予定です。
日時:4月1日(土)15時~17時
会場:慈母会館(新宿区大京町31)
参加費:1000円(参加者が多ければ、500円にします)
予約は不要です。

勉強会終了後におこなっているポワの復習会も、1日は金剛サッタの瞑想法(準備が間に合い、時間にも余裕があったら短い阿弥陀仏の成就法も)の復習会になり
ます。参加資格は、日本または外国でアヤン・リンポチェのポワコースにフル参加された方、または該当する教えに部分参加された方です。
4月16日、5月6日は、復習会はありません。

4月14日(金)から、東京・五反田のチベット文化研究所での新しい勉強会がはじまります。時間は第二・第四金曜夜、18時30分~20時30分です。要予約。参加費その他は、研究所にお問い合わせください。
今回は、チベット仏教の実践をはじめてまもない方、はじめようか考え中の方を主な対象に、実践に役立つ・必要な知識を中心にお話ししていく予定です。
http://tibet-tcc.sakura.ne.jp/TCC-B/TCC-B.html#bukkyounyuumon
4月16日(土)は、横浜市旭区の高明寺横浜聖地霊園でおこなわれる現代仏教塾(第15回)で、「チベットの浄土信仰」について、お話しさせていただきます。入場無料です。
チベットでも阿弥陀仏の極楽浄土に生まれることは、在家信者を中心に熱心に願われています。
元になっている経典や教え、チベットで死の際の実践としておこなわれている「ポワ」や『チベットの死者の書』の実践(密教の教えなので、具体的なやり方はお話しできませんが)について紹介する予定です。
時間に余裕があれば、仏教全体における浄土信仰の位置づけや、日本の信仰(特に親鸞聖人の他力の教え)との対比などもお話しできたら、と考えています。

日時:4月16日(日)13時30分~17時(途中休憩あり)
場所:高明寺横浜聖地霊園(横浜市旭区上白根町194番1外)
   JR横浜線中山駅または相模鉄道鶴ヶ峰駅からバス
http://dharmadrop.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
当日は、11時からインド音楽などの演奏もあります。こちらも入場無料です。
現代仏教塾では、以前、「日本仏教がチベット仏教に学ぶもの」という題でお話しさせていただいたことがあり、Youtubeで公開されています
(vol.1はご住職の開講の辞、vol.2~5が吉村の講演、vol.6が質疑応答)。他の先生のものと一緒に単行本にもなっています(『現代仏教塾』
Ⅰ、幻冬舎MC。kindleなど電子書籍版あり
18:20 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

3月の仏教勉強会

2017/02/25
3月は、予定通り、第一・第三土曜日に慈母会館の仏教勉強会をおこなう予定です。
次回の内容は、法然上人『選択本願念仏集』です。時間そのほかはいつもどおり。

日時 3月4日(土)15時~17時
場所 慈母会館(新宿区大京町31) JR千駄ヶ谷または信濃町駅下車
参加費 1000円
予約等は不要です。


その次は、4日で終わらなければ、『選択本願念仏集』の続き。終わった場合は別のものを考えます(ただいま準備中)。
勉強会終了後は、ポワの復習会があります(ポワコースフル参加の方のみ。次回はニンマです)。
少しずつ、テキストの整備をすすめ、ポワコースに出ていない方もお唱えできる機会もつくりたいと思っています(ちょっとずつですが。。。)

すこし先ですが、
4月から、東京五反田のチベット文化研究所の勉強会も再開します(第二・第四金曜夜。4月14日スタート)。
昨年秋のポワコースの際に、研究所に対して、基礎的なことを知らないのだが。。という問い合わせが多かったため、スタッフの提案・要望で、基礎的な内容を中心にすることになりました。
単に知識を増やすのではなく、実践とどう結びついているのか、どう役に立つのか、といったことがわかるよう心がけます。
よろしくお願いいたします。こちらは要予約。
参加費その他、お問い合わせは研究所に願いいたします。

東京都品川区西五反田2-12-15-401
TEL03-5745-9889 FAX03-3493-3883
各種講座のご予約及びお問い合わせは
(月・水・金 10:30~17:30 昼休み13:00~14:00)
23:03 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

1月の勉強会のお知らせ

2017/01/23
本年もよろしくお願い申し上げます。
慈母会館の勉強会は、21日から再開です。内容は源信僧都『往生要集』の続きです。
講座のあと(午後5時くらいから)アヤン・リンポチェのポワ・コースの自主復習会をおこないます。間に合えば、金剛サッタか阿弥陀仏の短い瞑想の復習もやりたいと思っています(こちらは、教えを受けた人限定)。

日時:1月21日(土)15時~17時...
会場:慈母会館(新宿区大京町31。JR千駄ヶ谷駅または信濃町駅下車)
内容:往生要集のつづき(資料はこちらで用意します)
参加費:1000円
予約等は不要です。

大学のほうが2月3月とやすみになりますので、その間、なにか少人数で勉強会など、ご希望ありましたら、お知らせください。


東京・五反田のチベット文化研究所でおこなっていた、仏教の勉強会は、スタッフの方々と相談して、4月からリニューアルし、再開することになりました。

基礎からわかるチベット仏教入門

チベットの歴史や全宗派を簡単に紹介したうえで、
重要な仏教用語や、それが実践とどう関わり、日々の生活にどう役立つのかを、
わかりやすく解説していきます。
これまでと同様、第二、第四金曜夜の開催です。   
01:20 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

10月・11月の勉強会のお知らせ

2016/09/27
9月は、17日の青山善光寺での文化講座、24日の恒例のナマステ・インディアのセミナーハウスでの講義と続きましたが、
ご参加いただいた皆様、さまざまな形でお手伝いくださった方々、ほんとうにありがとうございました。おかげさまで、無事終了することができました。

10月は、東京・千駄ヶ谷の慈母会館での勉強会は、予定どおりおこないます。
今は浄土七祖の教えを学んでいて、次は中国の善導大師の教えになります。
11月は吉村の都合で、おやすみさせていただきます。

日時:10月1日・15日(土)15時~17時
会場:慈母会館(公益財団法人全日本仏教尼僧法団)
   JR千駄ヶ谷駅、信濃町駅、都営大江戸線国立競技場下車
(はじめての方は、信濃町駅からがわかりやすいです。改札をでて横断歩道をわたり、慶応大学付属病院とJRの線路のあいだの道を千駄ヶ谷方面にまっすぐすすみ、道が大きく曲がるところ、小学校の向かいにあります。)

参加費:1000円
予約等は不要です。どなたでもご参加いただけます。

東京・五反田のチベット文化研究所でおこなっている、高僧の教えを学ぶ会は、現在、カトク・ゲツェ・リンポチェの般若心経についての教えを学んでいます。
原則第二・第四金曜夜、10月28日は吉村の都合で、11月25日は研究所のもよおしと重なっているため、おやすみとなります。

日時:10月14日(28日はおやすみとなります)、11月11日(金)18時30分~20時30分
会場:チベット文化研究所瞑室(品川区西五反田2-12-15-401)
要予約。
参加費等は研究所にお問い合わせください。
03-5745-9889。スタッフがいるのは月・水・金です。
12:04 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

9月17日の仏教講座の内容について

2016/09/13
(台湾でのガルチェン・リンポチェの阿弥陀仏真言読誦法要)

数日、台湾・台北でのチベット仏教の高僧ガルチェン・リンポチェの法要にでかけていて、9月12日夜、日本に帰ってきました。
http://garchen.tw/Courses/Amitabha_2016
内容は、ディクン・カギュ派に「五倶」というマハームドラーの教えがありますが(『サンガジャパン』ol.24特集チベット仏教の「カギュ派概説」の項目で簡単に紹介しています)、その灌頂・解説と、
https://www.amazon.co.jp/dp/4865640622
(こちらがメインですが)阿弥陀仏の真言読誦、亡くなった方と病気の方のための法要でした。


日本では、チベット仏教というと、日本仏教とはまた別のもの、という印象がありますが、
台湾では、中国仏教、チベット仏教という区別の意識はないようで、多くの方が参列され、1000人収容のホールが二階まで一杯でした。
供養は、インターネットでも受け付けていたため、毎日、膨大な数の亡くなった方・病気の方のお名前が貼り出されて、
最終日の供養では、それが(大きな紙に貼り付けられたものがさらに何枚も何枚もあるのですが)リンポチェの前に持ち出されて、
名前がその人の姿に変じる、
(亡くなった方の場合、餓鬼道におちていることもあるので)食べ物(トルマ)を供養する
それから浄水で浄化・加持し、灌頂を授け、ポワ(日本ではオウムの事件でとんでもない誤解が生じましたが、日本のお葬式では「引導」に相当する、死者の意識を浄土に送る瞑想です)する
という順序でおこなわれ、とても丁寧におこなわれている印象がありました。


今週末9月17日(土)の慈母会館の勉強会は、
午前中に青山善光寺で公益財団法人全日本仏教尼僧法団主催の文化講座
http://jibo.jpn.org/event/index.html#bunka
がある関係で、15時30分からの開催となりますが、
内容も、番外編として、今回の台湾での教えの話を中心にさせていただこうと思っています。

9月17日10時開場、10時半開演
会場 青山善光寺(東京メトロ表参道駅下車)
午前の部 吉村均(公益財団法人中村元東方研究所専任研究員) 「伝統仏教を学ぶ」
午後の部 秋元雄史 先生(東京藝術大学美術館、金沢21世紀美術館館長)
参加費 一般3500円(お弁当つき)
問い合わせ 03(3401)3915

慈母会館の勉強会
9月17日 15時30分〜17時30分
会場 慈母会館(全日本仏教尼僧法団) (JR千駄ヶ谷駅または信濃町駅、都営大江戸線国立競技場下車)

参加費 1000円(こちらは予約等不要です)

ガルチェン台湾2016

ガルチェン台湾2016

21:03 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »