▶ admin  

8・9月の勉強会

2017/07/23
8月は慈母会館、チベット文化研究所の勉強会共、おやすみです。
9月2日(土)の慈母会館勉強会のはおこないます。
9月8日(金)のチベット文化研究所の勉強会もおこなう予定です。
9月16日(土)の慈母会館、22日(金)のチベット文化研究所勉強会は、おやすみです。

しばらく、おやすみがちになり、申し訳ありません。
20:31 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

7月の慈母会館の勉強会の予定

2017/06/30
毎月第一・第三土曜におこなっていますが、7月は1日、15日とも、予定通りあります。(8月をどうするかは、ご相談させていただきます)
おととしの後半からの空海『秘蔵宝鑰』、去年後半からの浄土七祖の教えと、連続的な内容がつづいていて、ここのところ、内容がちょっとむつかしくなりすぎているので、何回か、慈母会館以外の場所でお話しさせていただいたり、活字にしたりした、重要だけれど、あまり一般には知られていないこと、その基礎の部分を知っておかないと、とんでもない勘違いをしてしまう(実際に世間でされている)お話をしようかと思います。
それなら、新しい人でもはいりやすく、また、続けて出てくださっている方の役にも立つのでは、と思います。
内容としては、
  • 中世の学問と神道の成立
  • 仏教の核心である有と無の辺(極端論)を離れることと、仏教の実践
などを考えています。

日時:7月1日・15日(15時~17時くらい)
場所:慈母会館(新宿区大京町31。JR千駄ヶ谷または信濃町駅下車)
参加費:1000円 
(予約等は不要です)
21:06 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

6月の勉強会のお休みとお知らせ

2017/06/13
6月17日の慈母会館の勉強会ですが、学会と重なってしまい、申し訳ありませんが、おやすみにさせてください。
7月は予定とおり、二回ともおこなう予定です。(勉強会は第1・第3土曜です)

6月17日・18日は、中央大学多摩キャンパス比較思想学会大会が開かれます。
17日は午後1時半から、シンポジウム「宗教の他者認識—宗教的共存思想の比較思想」があります。
18日は、個人発表のほか、午後1時からパネルディスカッション「情報化と比較思想」がおこなわれます。
比較思想学会は、故・中村元先生が、既存の学問の枠組みの打破と、広い視点にたつ新しい学問を目指して設立された学会です。
「来聴自由歓迎」ですので、よろしかったらどうぞ。
19:50 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

5月の勉強会のお知らせ

2017/05/11
東京・新宿の慈母会館の勉強会は、
5月20日(土)15〜17時
参加費:1000円
予約不要

内容は、弘法大師空海の教えについてです。

 これまで取り上げてきた浄土信仰と密教を、相容れないものと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、私と私の世界という捉え方から解放された境地が仏の世界、浄土、曼荼羅で、それを来世で体験するか、今生のうちに体験するかの違いです。

 東京・五反田のチベット文化研究所の勉強会は、5月12、26日(金)にあります。
 前回残った六波羅蜜から、チベットの伝統のソース、『般若心経』『友への手紙』『普賢行願讃』などの話に入る予定です。
 こちらは、要予約
お問い合わせ・ご予約はチベット文化研究所にお願いします。
 13日夜(土)は、京都でお話しさせていただく予定です。主催はサンギーティの会(仏教国際交流会)です。

慈母会館「伝統仏教を学ぶ」
日時:5月20日15〜17時
会場:慈母会館(全日本仏教尼僧法団)


新宿区大京町31
JR信濃町または千駄ヶ谷駅下車
会費:1000円
予約等は不要
です。

内容:『大日経』から見る空海の十住心
 空海の『秘蔵宝鑰』は単なる『十住心論』の縮小版ではなく、『十住心論』には見られない記述や工夫が見られます。そのひとつが、典拠である『大日経』住心品とその註釈『大日経疏』の引用を、各住心の最後にまとめて掲げてあることで、それによって、空海の記述が自身の説というよりは、『大日経』の内容を、当時の日本の人々に伝わるように自分の言葉で語りなおした、翻案というべきものであることがわかります。
 今回は、典拠の『大日経』の引用を先に見ることで、空海がそれをどう理解し、伝えようとしたのかという観点から、『秘蔵宝鑰』の内容を考えていこうと思います。

 一回で終わらなかった場合は、6月につづきます。
23:02 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

4月の勉強会のお知らせ

2017/03/30
お蔭さまで、約半年つづいた慈母会館「伝統仏教を学ぶ」での、浄土七祖の教えの勉強会は、無事終了しました。
4月1日は、正規の勉強会ではなく、要望のあった、昨年暮れに青山であった『入菩薩行論』の教えの自主勉強会となります。『入菩薩行論』の和訳をお持ちの方は、ご持参ください。
参加費から会場費と資料代を除いて黒字が生じた場合は、教えの主催団体に寄付します。
15日は、前日がチベット文化研究所での勉強会の初回、翌16日が横浜での現代仏教塾があり、申し訳ありませんが、おやすみにさせてください。
5月6日はゴールデンウイーク中で、慈母会館の勉強会の再開は、5月20日の予定です。
日時:4月1日(土)15時~17時
会場:慈母会館(新宿区大京町31)
参加費:1000円(参加者が多ければ、500円にします)
予約は不要です。

勉強会終了後におこなっているポワの復習会も、1日は金剛サッタの瞑想法(準備が間に合い、時間にも余裕があったら短い阿弥陀仏の成就法も)の復習会になり
ます。参加資格は、日本または外国でアヤン・リンポチェのポワコースにフル参加された方、または該当する教えに部分参加された方です。
4月16日、5月6日は、復習会はありません。

4月14日(金)から、東京・五反田のチベット文化研究所での新しい勉強会がはじまります。時間は第二・第四金曜夜、18時30分~20時30分です。要予約。参加費その他は、研究所にお問い合わせください。
今回は、チベット仏教の実践をはじめてまもない方、はじめようか考え中の方を主な対象に、実践に役立つ・必要な知識を中心にお話ししていく予定です。
http://tibet-tcc.sakura.ne.jp/TCC-B/TCC-B.html#bukkyounyuumon
4月16日(土)は、横浜市旭区の高明寺横浜聖地霊園でおこなわれる現代仏教塾(第15回)で、「チベットの浄土信仰」について、お話しさせていただきます。入場無料です。
チベットでも阿弥陀仏の極楽浄土に生まれることは、在家信者を中心に熱心に願われています。
元になっている経典や教え、チベットで死の際の実践としておこなわれている「ポワ」や『チベットの死者の書』の実践(密教の教えなので、具体的なやり方はお話しできませんが)について紹介する予定です。
時間に余裕があれば、仏教全体における浄土信仰の位置づけや、日本の信仰(特に親鸞聖人の他力の教え)との対比などもお話しできたら、と考えています。

日時:4月16日(日)13時30分~17時(途中休憩あり)
場所:高明寺横浜聖地霊園(横浜市旭区上白根町194番1外)
   JR横浜線中山駅または相模鉄道鶴ヶ峰駅からバス
http://dharmadrop.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
当日は、11時からインド音楽などの演奏もあります。こちらも入場無料です。
現代仏教塾では、以前、「日本仏教がチベット仏教に学ぶもの」という題でお話しさせていただいたことがあり、Youtubeで公開されています
(vol.1はご住職の開講の辞、vol.2~5が吉村の講演、vol.6が質疑応答)。他の先生のものと一緒に単行本にもなっています(『現代仏教塾』
Ⅰ、幻冬舎MC。kindleなど電子書籍版あり
18:20 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »