▶ admin  

ケンポ・ツルティム・ロドゥ師来日

2018/12/02
世界最大の仏教寺院ラルン・ガル(ラルン五明仏学院)のケンポ・ツルティム・ロドゥ師が来日され、東京・京都で講演をされます。
参加費無料、要予約。
東京と京都では、申し込み先が異なります。講座によっては、すでに満席になってしまったものもあるようです。

東京
12月11日 マインドフルネスとは何か 東京大学
12月12日午前 横田南嶺長老との対話 円覚寺
12月12日夜 般若心経の教えを説く ホテル雅叙園
12月14日 チベット仏教における法華経について 立正大学
12月15日 実践的な瞑想指導 ホテル雅叙園
http://jp.luminouswisdom.org/index.php/information/information-2

京都
12月16日 現代チベット仏教を知る(第3回) 仏教ではどのように死を捉えるか 京都ガーデンパレス
https://www.bukkyo.tv/reservation/?id=3
12月17日 現代チベット仏教の基本を聞く(第2回)質問者・吉村均
https://www.bukkyo.tv/reservation/?id=2
11:55 法話、講座 | コメント(0) | トラックバック(0)

PR誌ちくま12月号にロジョンの原稿

2018/12/02
筑摩書房のPR誌ちくま2018年12月号に「チベットの瞑想法ロジョン(心の訓練法)」が掲載されています。
購入もできますが、書店で無料で配布されていることも多いです。
http://www.chikumashobo.co.jp/blog/pr_chikuma/entry/1431/
11:53 心の訓練法 | コメント(0) | トラックバック(0)

12月の慈母会館の勉強会はおやすみです

2018/11/19
いつもご関心をお寄せくださってありがとうございます。
12月の慈母会館での勉強会ですが、
第一週の1日は、会場の都合(東京ゾクチェンセンターの催しがある)、
第二週の15日は、ケンポツルティムロドゥ師の教えと重なっていて、おやすみになりま す。
(ケンポの教えの情報はこちら)
http://jp.luminouswisdom.org/index.php/information/information-2?fbclid=IwAR39VtvbYdUDqWIHc3OJT1D53nKH5WFdCcZ5WHgW0w26wbyB9LqyCDhgAME
1月第一週もおやすみですので、再開は、年明けの第三土曜日、1月19日になる予定です。

日時:1月19日(土)15時~17時
会場:慈母会館(新宿区大京町31) JR千駄ヶ谷駅または信濃町駅下車、徒歩
参加費:1000円
内容:『歎異抄』第二条~
予約等は不要です。どなたでもご参加いただけます。
21:49 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

チベット仏教入門』ちくま新書刊行記念講演・お話し会の予定

2018/10/22
吉村均『チベット仏教入門 自分を愛することから始める心の訓練』ちくま新書(900円+税。2018年11月5日刊行予定)刊行を記念して、いくつかの場所で講演会やお話しの会をおこないます。現在、決まっているのは、11月12日名古屋・東別院会館、11月19日東京蔵前・筑摩書房ビル、11月24日東京新宿区四谷坂町・チベットレストラン&カフェ タシデレです。

◇「吉村 均先生 新刊出版記念講演会@名古屋」

日時:2018年11月12日(月)19時〜20時30分
会場:東別院会館二階 葵の間
名古屋市中区橘2-8-45(地下鉄名城線「東別院駅」下車)
会費:2,000円
予約:Facebookのイベントページに参加表明をお願いします。
https://www.facebook.com/events/2120717268191738/

内容:
日本は長い仏教の伝統のある分、仏教とはこういうもの―たとえば、死んでからお坊さんにお経を唱えてもらうもの―といった固定観念に縛られてしまっています。
チベットの仏教は、様々な仏教の伝統のなかでも、日本の仏教にきわめて近い系統のものです。現在、西洋社会や東南アジアの中国系社会、最近では中国本土でも、チベットの仏教への関心が急速に高まっています。
それは、欲しいものを手に入れるというやり方では、どこまでいっても新たなものを追い続けることになり、真の幸せ、心のやすらぎは得られない、という仏教の考えに共感し、教えや実践を日常生活に取り入れる人が増えてきているためです。
西洋社会では、仏教とはこういうもの、という固定観念がない分、仏教の教えや実践を柔軟に取り入れることができるのだと思います。
チベットの伝統を知ることによって、仏教のもつ可能性に気づき、日本仏教の各宗派の伝統の隠れたポテンシャルに光を当てることができます。


◇ちくま大学「現代人のためのチベット仏教入門」
日時:2018年11月19日(月)19時~21時
会場: 筑摩書房ビル4階会議室
台東区蔵前2-5-3(都営地下鉄浅草線 蔵前駅より 徒歩1分/都営地下鉄大江戸線 蔵前駅より 徒歩5分)
受講料:1,000円
予約:Peatix
https://peatix.com/event/450356


内容:
日本ではあまり知られていませんが、チベットの仏教は、今、世界で広く注目され、実践されています。日本とチベットの仏教は、系統的にはきわめて近い関係にあります。しかし、今の日本では、仏教はお葬式など死者のためのものというイメージが強く、説明も、伝統的とはまったく異なる発想のものに変わってしまっています。
世界は、欲望を追求しつづけることによって、高度な発展を遂げました。しかし、近年の異常気象にみられるように、地球がこれ以上の発展に耐えられなくなっています。欲しいものを追いかけるのではなく、瞑想によって物の見方を変えることによって苦しみから解放される、という伝統的な仏教の考えにあらためて光が当てられ、生活のなかに仏教の考え方や瞑想を取り入れる人が増えてきているのです。
そこで今回の講義では、チベットの仏教への西洋における関心のあり方を紹介し、仏教の教えを生活のなかに取り入れる実践法についてご案内します。


◇『チベット仏教入門 自分を愛することから始める心の訓練』刊行記念
   〜高僧がたの思い出〜

日時:2018年11月24日(土)15時から
会場:チベットレストラン&カフェ タシデレ
新宿区四谷坂町12-18(都営地下鉄線曙橋駅、またはJR四谷駅、市ヶ谷駅下車徒歩)
会費:2,500円(飲み物付き)
予約:電話で直接タシデレまで(03-6457-7255)
https://www.facebook.com/tashidelektokyo/posts/1096068477223408

内容:
仏教は師との出会い抜きに成り立たちません。本の第七章で、教えを受けた高僧がたの思い出を書きました。書くことができなかったエピソードを含め、どのような方だったか、出会いによって何を学ぶことができたか、お話しさせていただこうと思います。
20:33 法話、講座 | コメント(0) | トラックバック(0)

ちくま新書『チベット仏教入門 自分を愛することから始める心の訓練』予約はじまりました

2018/10/09
カバー裏の内容紹介(抜粋)
「チベットの仏教はいま世界的に深く浸透しつつある。とくにその生と死の教えに関心が向けられている。チベットの伝統は古い形の仏教を残しており、それが現代の諸問題に対応しうるものとして大きく注目されているのだ。・・・読者を、チベットに今も残る仏教の豊かで深い心の世界へと誘う。」

11月5日に、ちくま新書の一冊として、吉村均『チベット仏教入門 自分を愛することから始める心の訓練』が刊行されます。
従来のような、自分の関心に基づいてチベット仏教を論じた本ではなく、著者が実際にチベットの諸師から学んできた教えを、初心者向けにまとめて、その全体像を見通すことができるようにしたものです。

目次より
序 なぜ世界でチベットの教えが関心を持たれているのか?
一 チベットの仏教の歴史―日本との対比
二 仏教の要点
三 伝統仏教学のすすめ
四 ラムリム(菩提道次第)とロジョン(心の訓練法)―仏教の学習と実践の心髄
五 仏教の実践
六 密教入門
七 私のチベット仏教体験―旅の思い出


アマゾン
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480071911/
紀伊国屋書店
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784480071910
インターネット書店では、予約の受付が始まっているところと、まだのところがあって、下記の 近刊検索デルタ にリンクがあります。
https://honno.info/kkan/card.html?isbn=9784480071910


11月12日(月)には、名古屋市・東別院会館で、新刊出版記念講演会を予定しています(19:00〜20:30 二階 葵の間)
日本仏教とは別ものとしてチベットの仏教を紹介するのではなく、チベットの教えを知ることによって、日本仏教への理解が深まっていく、そのような内容を考えています。
お問い合わせは、主催者の飯田正範さんの、Facebook個人メッセンジャーにお願いいたします。
東京でも、講演会やイベントを計画中です(内容は異なります)。
09:42 一般書 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »