▶ admin  

7〜9月の慈母会館勉強会の予定

2018/06/17
6月16日の慈母会館の勉強会&終了後のポワ復習会にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
『歎異抄』は14条までで、次回は15条からになります。

今後の予定です。
第1・第3土曜におこなっている勉強会ですが、このあと、

7月7日 ×
7月21日 ○
8月4日 ×
8月18日 ○
9月1日 未定(×の可能性大)
9月15日 未定(×の可能性あり)


の予定です。

15時〜17時
参加費:1000円
予約不要
です。

会場:慈母会館(新宿区大京町31) JR千駄ヶ谷または信濃町駅下車


『歎異抄』のテキストをお持ちの方は、ご持参ください(まだお持ちでない方には、本願寺出版の文庫本をおすすめしています)。
終了後、ポワ復習会をおこないます。こちらはアヤン・リンポチェのポワコースにフル参加された方限定です。

7月7日は、さまざまなチベット関係の催し(ダライ・ラマ法王事務所主催の大本山護国寺のリン・リンポチェの教え、市ヶ谷のチベットレストラン タシデレのドキュメンタリー『ダライ・ラマ14世』上映会ほか)と重なっており、参加者の希望を聞いて、おやすみすることにしました。

7月21日は、予定通りおこなう予定です。

8月4日は、翌日に西荻窪のほびっと村で、ニチャン・リンポチェと藤田一照師の対談があり、その準備の都合でおやすみさせていただきます。

8月18日は、お盆の期間ですが、参加者と相談の結果、勉強会をおこなうことに決まりました。

9月1日は、まだ正式な連絡はないのですが、吉村が関西方面でお話しさせていただく、という話があり、おやすみさせていただくかもしれません。

9月15日も、決定ではないようですが、チベット高僧招聘の計画があるようです。

しばらく、やすみがちになり、申し訳ありません。

09:26 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

6月2日(土)の勉強会はおやすみです

2018/05/28
いつもお世話になっています。

毎月第一・第三土曜日におこなっている慈母会館勉強会ですが、6月2日(土)は急に用事がはいり、勉強会と、勉強会終了後のポワ復習会ともに、おやすみせざるをえなくなりました。

直前の連絡になり、たいへん申し訳ありません。
11:03 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

アヤン・リンポチェ ポワ・コース in ハワイ

2018/04/25
尊貴的安陽仁波切2018年夏威夷”破哇法”(遷識法)教授之旅
H.E Ayang Rinpoche10-Day Phowa Course in Hawaii 2018

リンポチェはハワイで初の10日間のポワ・コースを、2018年10月11~21日に授けられます。
アヤンリンポチェ

主催:Amitabha Foundation
http://amitabhafoundation.us/
日時:2018年10月11日~21日
会場: ケエヒ・ラグーン・メモリアル、アレフレッド・ロスバノス・ホール
Ke'ehi Lagoon Memorial, Alfred Los Banos Hall
2685 N Nimitz Highway
Honolulu, Hawaii 96819 USA




参加費:無料
費用を支援するお布施は歓迎します。クレジットカードで、または小切手を
Amitabha Foundation、PO Box 2572、Aptos、California 95001 USA
にお送りください(「Phowa Course」と明記ください)。
参加登録:(Registration)
参加無料ですが、座席の確保とポワ・コースについての最新情報を受け取るために、参加登録をお願いいたします。
登録は下記でお願いいたします。
https://goo.gl/forms/FMKJW4n4zK0ZEqV22
使用言語:
リンポチェは平易な英語で教えを説かれ、ベトナム語、広東語、北京語の通訳があります。
通訳を必要とする方は、ポータブルのAM/FMラジオ(海外で使用可能なもの)とヘッドセット(ヘッドホン、イヤホンの類)をご持参ください。
宿泊:
会場のすぐ近くや、ホノルル空港周辺にいくつかホテルがあります。
安価な宿泊施設をAirbnb、VRBO、または他のレンタルサイトで見つけることもできます。
宿泊施設の手配は各自でお願いいたします。
(宿泊施設の参考例)
・パシフィック・マリーナ・イン Pacific Marina Inn(1ストリート離れたところ)
105USD
・ベスト・ウェスタン・ザ・プラザ・ホテル Best Western The Plaza Hotel
(159USD / 1泊)
・ホノルル空港ホテル Airport Honolulu Hotel
(144USD/一泊)
 ・・・・・
一昨年暮れに来日された、チベット仏教ディクン・カギュ派の高僧アヤン・リンポチェは、チベットに伝わる極楽往生法ポワの達人として、世界的に知られています。
ポワ(直訳すると遷移)は、死に際して阿弥陀仏の浄土に生まれるための瞑想法で、
チベットでは、一生をダルマのために費やすことはできないが、信仰心はとても篤い在家のおじいさん、おばあさんが、隠居してから励む行です。
通常の密教の修行の場合、教えを受けたあと数年籠もって修行に励む必要があります。
しかし、ポワの修行には、むつかしい仏教の知識や瞑想の上手下手は関係なく、
清らかな動機と、阿弥陀仏と教え、教えを授ける師への心からの信頼、阿弥陀仏の浄土に生まれたいという強い熱望があれば、
阿弥陀仏と教えの加持の力によって、個人差はありますが1~2週間でしるしがあらわれると言われています。
10日間のポワコースは、日本人の感覚だと長い、と感じられるかもしれませんが、
仏教の実践に必要な知識と、これからの修行に必要な教えがすべて含まれており、
仏教修行の核心である、心の本質をさとることにもっとも最短距離の実践といえると思います。
実際、ポワの修行によって心の本質をさとった例もありますし、ポワコースのさまざまな教えすべてが心の本質にむすびついています。
生前、心の本質をさとることができれば、あとはその境地にとどまる訓練をつづければいいだけですし、生きているうちにさとることができないとしても、阿弥陀仏の浄土に生まれれば、そこで心の本質をありありとさと ることができます。
それが、チベットの伝統のなかでポワが多くの人によって実践されつづけてきたゆえんです。
21:10 法話、講座 | コメント(0) | トラックバック(0)

4月・5月の仏教勉強会

2018/03/29
第1・第3土曜日に慈母会館でおこなっている勉強会は、
4月第1はチベット文化研究所の、
5月第1は東京ゾクチェンセンターの
高僧の教えと重なっているため、おやすみです。
それぞれの教えに関心ある方は、主催者の方にお問い合わせください。

4月21日・5月19日は、親鸞聖人の教えと『歎異抄』に関するテーマを扱う予定ですが、具体的な内容は、もう少しお待ちください。

日時:4月21日・5月19日 15時〜17時
会場;慈母会館(新宿区大京町31)JR千駄木駅または信濃町液下車
参加費;1000円
予約等不要、どなたでもご参加いただけます。
(終了後、ポワの復習会をおこないます。こちらは、アヤン・リンポチェのポワコースにフル参加された方限定です)

おやすみしていた、東京・五反田のチベット文化研究所での勉強会(第2・第4金曜夜)の再開は、5月からになりそうです(全10回)。
今回は、チベット仏教入門・実践編として、『チベットの死者の書』の内容紹介や、シャマタ(シネー)やグル・ヨーガの瞑想の実践、前行と本行の関係について、などをお話しする予定です。
チベット文化研究所で告知や申込の開始がはじまりましたら、またお知らせします。
12:08 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

京都・東京での空海の講演、終わりました

2018/03/20
昨年秋に『空海に学ぶ仏教入門』ちくま新書を出したことに関連して、
3月10日(水)京都・法蔵館書店で 「著者が語る『空海に学ぶ仏教入門』―十住心に学ぶ仏教の核心―」、
3月14日(土)東京・筑摩書房で「ちくま大学」の一環としての「現代人のための空海入門―マインドフルネスと十住心―」、
という題で講演をおこなわせていただきました。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

本は私の名前で出ていますが、実際には私のやっていることは通訳ないし解説で、弘法大師の仏教についての説明を、現代人にもわかるように説明したものです。
現在、日本で一般的な仏教の説明は、明治時代に当時のヨーロッパの仏教研究を取り入れたもので、伝統的な説明とは発想が大きく異なります。
膨大な経典が存在し、異なる教えが説かれているのは、相手に合わせて異なる教えが説かれたため、というのが伝統的理解で、空海の十住心は、そのような考え方に基づき、インド・中国から伝わった様々な教えを、十の心のあり方に対応するものとして体系化したものです。

現在では、むしろ西洋で彼らの宗教とは異なる仏教の考え方が理解されるようになり、実践により心のあり方を変えていくことによって苦しみから解放される、という仏教の発想法に興味を持つ人が増えています。近年日本でも話題になった「マインドフルネス」はそのような関心から生まれたものです。

異なる教えの相互関係を理解する必要があるため、伝統的には仏教理解に十数年~二十年かかるとされていましたが、空海の十住心では、そのような仏教の全体像を、一冊の本で概観することができます。
現在、過疎や少子化で、これまでの子孫が供養を続けていく先祖供養のあり方がうまく機能しなくなりつつありますが、生きている人間に、どのような教えがどう役立つのか、弘法大師空海の理解に基づいて、心の訓練によって苦しみから解放される伝統仏教の全体像を学ぶことができます。

映画『空海KU-KAI』(の主人公は空海ではなく、猫かもしれませんが。。。)の公開や、ミシュランガイドで高野山がお勧めの旅行先とされるなど、弘法大師とその教えへの関心は、世界的なものとなりつつあります。
微力ですが、少しでも、弘法大師空海の教えのすばらしさ、現代人にとってそれがいかに役立つかを、お伝えしていくことができれば、さいわいです。



https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784480069962

京都での講演の冒頭部が、Youtubeで公開されています。


また、筑摩書房での講演も、講演後に講演内容の要約を収録したものが、Facebookで公開されています。
https://www.facebook.com/chikumashobo/videos/584645278537396/
22:16 法話、講座 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »