▶ admin  

12月の仏教勉強会

2017/11/19
12月2日は、慈母会館で東京ゾクチェンセンターの催しがある関係で、勉強会はおやすみになります。
次回は、16日、年内最終です。

年明けの内容等は、決まりましたら、またお知らせします。(1月6日は、おやすみです)

今年も一年間、ありがとうございました。
よい年をお迎えください。

日時 12月16日 15時〜17時
会場 慈母会館(新宿区大京町31) JR千駄木駅または信濃町駅下車
参加費 1000円
事前の申し込み等は不要です

・・・
16日は、テーマについては特に告知せず、集まった感じで話をすすめようと思います。
12:23 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

12月20日(水)大阪で「空海に学ぶ仏教入門」講演会開催します

2017/10/19
満員御礼
みなさまよりたくさんのお申し込みをいただき、追加座席分も一杯になったとのことです。
お申し込みありがとうございました。



追記 11月2日夜で、申し込みが定員の60名に達したそうです。追加席(席のみ机なし)を設けるそうです。ご予約はお早めにチラシの申し込み先にお願いいたします。

12月20日(水)に、大阪で、講演会を開いていただけることになりました。中心になってくださったのは、関西在住の真言宗のお坊さま方で、会場の太融寺は、嵯峨天皇の勅命で弘法大師が創建されたという、弘法大師ゆかりの古刹です。そのようなお寺で講演をさせていただくことになり、光栄に思っています。場所的には、JR大阪駅、梅田から近く、アクセスのいい場所にあります。
yoshimuraflyerver2-02-001.jpg

日時:12月20日(水)18時30分〜20時40分(18時開場)
会場:高野山真言宗太融寺(大阪市北区太融寺町3-7)

主催者は、数年前、日本全国で「「アップデートする仏教」を体感しよう!」という催しを主催された方々です。
もし、関西方面に、このような内容に興味を持ちそうな方がいらっしゃいましたら、ご紹介くださるようお願いいたします。

→チラシはこちらからダウンロードできます

おかげさまで慈母会館での勉強会の内容をまとめた『空海に学ぶ仏教入門』(ちくま新書)が無事に刊行され、重版も決まりました。
勉強会や刊行にお手伝いくださった皆さま、勉強会に参加してくださった皆さま、本を購入してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
19:43 法話、講座 | コメント(0) | トラックバック(0)

10月の仏教勉強会のお知らせ

2017/10/15
慈母会館の勉強会の内容をまとめた『空海に学ぶ仏教入門』(ちくま新書)、おかげさまで無事出版されました。編集者の話だと、大阪で売れ行きがいいそうです(紀伊国屋書店調べ。梅田店)。「高野山が近いからかな~」と言っていましたが、関西在住のお坊さま方が、Facebookなどで紹介してくださったのも大きかったのでは、と思います。本当にありがとうございました。


また、エム先生こと、仏教・インド思想研究者の石飛道子先生のブログでも紹介いただきました。


10月の勉強会のお知らせです。
しばらくお休みさせていただいていた、慈母会館の勉強会(第一・第三土曜日)ですが、10月21日から再開します。11月も予定とおりおこなうつもりです。12月2日は、慈母会館で他の催し(東京ゾクチェンセンターの教え)がある関係で、おやすみになります。

日時:10月21日(土)15時~17時
場所:慈母会館(新宿区大京町31)JR千駄ヶ谷または信濃町駅下車
参加費:1000円
予約等は不要です。21日は、どのようなインドの思想状況の中から仏教が生まれたのか、その特質は、といったお話をさせていただく予定です。
(終了後、ポワの復習会があります。こちらはアヤン・リンポチェのポワコースに全参加された方限定です)
東京五反田のチベット文化研究所における勉強会(第二・第四金曜夜)は、10月13日、27日で、今のシリーズが終了します。そのあとは、研究所のスタッフや参加されている方と相談して、どうするか決めたいと思います。

日時:10月13日・27日(金)18時30分~20時30分
場所:チベット文化研究所(品川区西五反田2-12-15-401) JR五反田駅下車
要予約です。お問い合わせは、チベット文化研究所にお願いいたします(電話03-5745-9889 スタッフがいるのは月・水・金)
12:05 講座・やさしい心を育てる | コメント(0) | トラックバック(0)

『空海に学ぶ仏教入門』、まもなく刊行です

2017/09/28
「天才・空海が説く仏教の核心」(帯のキャッチコピー)
筑摩書房から出る『空海に学ぶ仏教入門
』ちくま新書の見本が届きました。まもなく刊行です!(10月4日発売)
空海に学ぶ仏教入門
私たちが苦しみから離れることができないのは、欲望のままにものを追いかけ続ける心のあり方にその原因がある。では心を変えるにはどうすればよいかーー伝統仏教が説いてきたその教えの全体像を空海が簡明に示したのが「十住心」である。『般若心経』や『法華経』『華厳経』、倶舎や唯識、中観などの教えの伝統的な意味と相互関係、苦しみを滅する実践における役割などを、空海の著『秘蔵宝鑰』と『十住心論』から明らかにする。ほんとうの仏教の全体像を描き出す、画期的な仏教入門。(カバー裏の説明)

目次より
第1章 空海の生涯ーー山林修行者から密教の相承者へ
第2章 伝統的仏教理解へーー空海の教えに即して
第3章 苦しみを減らしていく段階ーー第一住心〜第三住心
第4章 苦しみを根源から断ち切ろうとする段階ーー第四住心〜第七住心
第5章 空を体験した者に現われる世界ーー第八住心・第九住心
第6章 言葉を超えたさとりの境地が直接示される段階ーー第十住心
終章 道としての仏教
20:11 一般書 | コメント(0) | トラックバック(0)

吉村均『空海に学ぶ仏教入門』(ちくま新書)が刊行されます

2017/08/29
吉村均『空海に学ぶ仏教入門』ちくま新書 が、
10月4日に刊行されます。(現在予約受付中)

一昨年の秋から約半年、慈母会館でおこなった、弘法大師空海『秘蔵宝鑰』の勉強会の内容をまとめたものです。

仏教には様々な教えがありますが、伝統的理解では、それは釈尊が一律ではなく、相手に合わせて異なる教えを説いたことで説明されています。
仏教では、苦しみの真の原因を、実体視—私たちの心に いいもの/悪いもの がありありとリアルに映っていることに求めます。
それは私たちの心の認識のメカニズムに起因するもので、単に仏教を信じるだけでは、苦しみから解放されることはできません。
仏教で、心の捉え方を変える実践—修行が必要とされるのは、そのためです。

しかし、修行法があったとしても、ほとんどの人は自分が捉えているものを現実と捉え、それが苦しみの原因だとは考えていませんから、それを実践して物の捉え方を変えようとはしません。
そのため、一律ではなく、その人その人が納得する目標設定をする必要がある、これが伝統的な仏教の考え方です。

空海の『秘蔵宝鑰』で説かれている十住心は、このような伝統的理解に基づいて、仏教の様々な教えを十の心のあり方に対応するものとして位置づけたものです。
私たちは、十住心を学ぶことによって、『般若心経』や『法華経』『華厳経』、倶舎や唯識、中観といった教えの伝統的意味と相互関係、それらが苦しみからの解放においてどのような働きをするかを一望のもとにすることができます。

西洋では、欲しいものを追いかけ続けても苦しみから解放されることはけっしてないことを実感する人が増え、伝統的な仏教の考え方と実践に関心が高まってきています。
空海の十住心を学ぶことによって、私たちは、仏教の教えが私たちの苦しみをどのように解決するか、教えの現代社会における有効性についても、知ることができます。

弘法大師空海への関心は高まっているようで、NHKの『ブラタモリ』でも、三週にわたって高野山が取り上げられます。9月9日、16日 高野山〜高野山は空海テーマパーク!?〜
9月23日 高野山の町〜高野山はなぜ"山上の仏教都市"に?〜

高野山壇上伽藍1
高野山壇上伽藍↑
修行大師像1
修行大師像↑
来年2月には、陳凱歌(チェン・カイコ—)監督、染谷将太主演の映画『空海−KU-KAI−』が公開される予定です。
20:20 一般書 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »